TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW M6グランクーペ 試乗 “汝は万能の神か!”

「BMW M6グランクーペ」
“汝は万能の神か!”


mbm6132.jpg
CLSやA7といったライバルに遅ればせながらしかし満を持して登場したBMW
のフルサイズ4ドア4シータークーペ(グランクーペは定員5名)です。

この贅沢で且つ万能の実用性をも併せ持つ瀟洒なクーペに最強のMの心臓を
得て何を得、何を失ったのか?台風の最中、雨の高速という悪コンディショ
ンの中でじっくりと試してみました。


スタイル★★★★☆

幾分線の細い(その分クーペらしく繊細な)感のあるCLSやA7に比べ細部の
処理もありますが、このグランクーペはぐっと力強く悪く言えば握りつぶし
た団子か饅頭のような凝縮感があります。

しかし、もしや端正なクーペよりもフォルムとしてはまとまっているので
は? と感じさせます。それはグリルの丸い形状や締まったリアのデザイ
ンの整合性などに現われます。リアドアの窓の縁に備わる「Gran Coupe」
のロゴ(ちょっとグランツーリスモみたいですが)も洒落ています。

また軽量化に力を注いでいるのもいいですね。例えば、カーボンファイバー
強化プラスチック(CFRP)製のルーフをはじめ、ウィンドウフレームレスの
ドアやエンジンフードはアルミニウム製、サスもアルミニウムを多用し、サ
ーモプラスチック製フロントサイドパネル、グラスファイバー複合材料を採
用したトランクリッドなどなど、こうした努力によって車重はM5の+5kgに収
まっています。


内装★★★★

いいのは運転席に座った時の余裕たっぷりの頭上空間です。これは広く感じ
ます。先代のCLSがほとんどヘッドクリアランスが無かった事を思うと上手く
デザインされていると思います。

またリアシートも十分ですね。まあホイールベースが3mもあるのだから当た
り前と言えば当たり前なのですが。ちなみに中央のシートの前にはセンター
コンソールが張り出しているので真ん中の人は股を開いて座らなければなり
ませんが。

また110万ほどのオプションであるセミオーダーメイドプログラム「Individual」
を選べばツートンなどほぼフルオーダーでカラーが選べます。まあこの種の
オプションはこの
価格帯のパーソナルカーとして必須ですが、そのカラーのセンスの良さは流
石にバイエルンの誇りと言えるでしょう。

mbm6113.jpg

エンジン・ミッション★★★★★

新しいMの心臓は4.4リッターV8ツインターボ。560psの最高出力と、69.3kgm
の最大トルクです。トランスミッションはデュアルクラッチ式ATの「M DCTド
ライブロジック。

「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」を装着し、8段ATのシフト
タイミングやパワステのアシスト量、エンジンのレスポンスやDSCの設定を変
えられます。また「ダイナミック・ダンピング・コントロール」に連動して、
足まわりのセッティングも可変となります。

試乗当日は台風が接近しており、かなり雨が降っていた事もあってまずは「コ
ンフォートモード」でスタートしました。なんといってもこのパワーのFRです
から少しでもラフにアクセルを開くとホイールスピンは必須です。DSCがすぐ
に制御してくれますが、高速のコーナリング中のリアのブレークはアングルの
大小に関わらず気持ちのいいものではありません。

エンジンサウンドはAMGほど低くはありませんが、やはり低音で迫力のあるもの
です。コンフォートでは変速スピード(変速回転の高低ではなく、変速そのもの
の速さ)やパワステ操舵力、サスペンションなどがマイルドな為、非常に乗りや
すいです。アクセルワークに多少気をつけさえすれば誰にでも乗れます。これは
新型のターボユニットが先代までのM5のNAのV10エンジンのように鬼のようなレ
スポンスを持たないことにもよります。V10は回転の上がりも下がりも速く不用
意にアクセルを戻すとかなりギクシャクしたものです。

いよいよ少し慣れたところで「スポーツモード」に切り替えると確かにパワー
が炸裂します。トルク感がグッと増し少しアクセルに力を込めると直線でも路
面の継ぎ目をきっかけにホイールスピンを誘発します。なのでDSCに頼るまでも
なくアクセルから力を抜く事になります。この日のコンディションではFRとし
てはこれが限界です。

だからといってクアトロや4MATICに比べこのクルマが劣っているかといえばそ
うばかりとも言えません後述する電動とは思えないステアフィールの繊細さや
アクセルワークでリアのスリップアングルをコントロールする楽しみはスポー
ツクーペとしての大事な部分でしょう。そしてこの最新のグランクーペはこう
した悪条件でも十分にコントロール下に置く事が出来るほどのシャーシポテン
シャルを備えている事も確認できました。


足回り★★★★☆

サイズはM5と比べると、全長は95mm長く、全幅は10mm幅広く、全高は75mm低い
です。さらにカーボンルーフで重心も有利です。このデメンションが何を意味
するか?ハンドリングの良さです。鼻先が軽くステアリングを切るのが楽しい
です。この悪条件で楽しいという事はドライならもしや自由自在になる感覚す
らありえます。

とにかくステアフィールがいいです。路面からの確かな手ざわりがあります。
路面の凸凹を消し去るのではなく、不快ではない範囲でドライバーに伝えます。
ドライバーが安心できる信頼感とダイレクト感、さらに高級車のみが持つしっ
とり感も併せ持っています。

乗り心地も決して悪くありません。タイヤは20インチで扁平率もF:35、R:30
というほとんど絶望的なスペックですが(ただし非ランフラット)角はしっか
りと丸めてあります。それよりもフラット感が高く、並みのBMWよりも快適なほ
どです。特に高速では5や7シリーズの多少ピッチングの多い乗り心地よりもは
っきりと快適と感じました。

また乗ってみて驚いたのは、その“サイズの感じなさ”です。内装とシュアな
ハンドリングのお陰で7と比べ一周りほど小さく感じます。

具体的には水平基調の切り立ったダッシュを持つ7に比べ6のそれはかなりラウ
ンドしている事、そして街中でもステアリングを少し切ればグッとノーズが内
を向く最新アクティブステアリングも効いています。また飛ばせばBMWお得意の
前後の完璧な重量バランスもあってとにかく5mのボディとは思えないくらいヒラ
ヒラと曲がります。

特に「スポーツモード」に切り替えると足回りが締まりステアリングの手応えも
増す事によりクルマがさらに一回り小さく感じられます。

当日は雨のため試しませんでしたが、ある資料によると「ワインディングではリ
アデフに左右後輪間のロッキングファクターを0~100%まで電子制御で調整でき
る「アクティブMディファレンシャル」を標準装備していることもあってFRドラ
イビングの醍醐味を味わえる・・」そうです。このステアリングとシャーシを見
る限り本当だと思いま
す。


総評★★★★☆

「メルセデス・ベンツCLSクラス」や「アウディA7スポーツバック」などが直接の
ライバルですが4ドア4シーターの大型高級車という括りではパナメーラやバン
キッシュあたりもライバルになるかもしれません。

古くはトヨタ・カリーナEDやマツダ・ペルソナ、アストンマーチン・ラゴンダなど
に起源を発するこの4ドアクーペというジャンルですが、最近にわかに活況を呈し
ています。

このグランクーペは本格2ドアグランツーリスモである本物のクーペの6がベースと
あってスペシャルティー度では負けていませんね。高級感ではバンキッシュに敵い
ませんがCLSやA7には勝っていると思います。パフォーマンスもCLS63AMGやRS7と同
等。640や650のグランクーペに対してMで失ったものはとっつきやすさというか普
段使いの気楽さぐらいでしょうか。かなり気に入ってしまいました!


【スペック】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5015×1900×1395mm/ホイール
ベース:2965mm/車重:1990kg/駆動方式:FR/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バ
ルブツインターボトランスミッション:7段AT/最高出力:560ps(412kW)/6000rpm/
最大トルク:69.3kgm(690Nm)/1500-5750rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 99Y/
(後)295/30ZR20 101Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:9.0km/
リッター(JC08モード)/価格:1730万円


以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

今週の有料版は「ベントレー・ミュルザンヌ 試乗」
”武士道を知る男のクルマ”です。


●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」
今週の無料版「クラウン・マジェスタ」
“最高級ガラパゴ車の真価とは?”

※無料版の記事は2013年10月に書いたものです。
有料版の記事の一部を加筆訂正し
約1年遅れで配信しています。


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

【おまけ】
夜中までPCを触っていると、なかなか寝付けなくなってしまいます。
そうで無くても現代人は睡眠が足りてない状態です。
寝不足の改善」が参考になりました。

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ


ブログランキングに参加しています。




スポンサーサイト

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.166は
「キャデラックCTSエレガンス」
“乗り心地の良さに感激”

cade11.jpg
スタイルは先代に比べて全長が一気に100mm伸ばされたのがポイントです。

デザインはキャデラックそのもの、つまり1999年に登場したコンセプトカー「エボーク」以来のもの。つまりその先鋭性を謳う「アート&サイエンス」と称するテイストそのものですね。

そろそろ大幅な変革が必要な気もしなくもないです。

cade13.jpg
搭載されるエンジンは直噴の2リッター直4ターボです。

パワーは276psと40.8kgmとライバルを凌駕します。トランスミッションは6段ATですが、使いやすいマグネシウム製のパドルシフトスイッチが付きます。

動力性能は十分ですね。同じATSよりも音や回転のスムーズさなど質感でもかなり気が使われており快適なドライブが楽しめます。

cade12.jpg
乗り心地が素晴らしく良くなりました。

これはダンパーの減衰力を制御する「マグネティックライドコントロール」の恩恵もあると思いますが、
しっかりとした剛性のボディやドイツ車とは明らかに異なった方向性のしなやかなサスペンションが嬉しいです・・。


以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「ダイハツ・コペン」
”ほぼ欠点は無いけれど”です。お楽しみに!


今週の無料版は
「BMW320iグランツーリスモ」
“失ったものは少なくない!”

bm311.jpg
このところいいクルマ続きだった事もありで褒めちぎっていたものですから、読者
の方から“もっと辛口で”とお叱りを受けました。

まあいいものをわざわざ悪いとは言えないのでなんともなのですが、今回は大丈夫
です?

BMWは久しぶりですね。Vol.101でX3 xDrive20dブルーパフォーマンスを取り上げ
て以来ですから久しぶりですね。その時もちょっと評価低いですね?まあBMWは
期待値が高いからか並みの出来ならどうしても評価が厳しくなります。その分高い
わけですから仕方ないですよね?

この3のGT(グランツーリスモ)は2013年3月のジュネーブショーのデビューです
ね。5のGTが08年ですから5年遅れての登場です。5のGTがそれほど売れていな
いのに追加したのはサイズからして中国市場に投入した3のロングボディーを活か
したかったということもあるかもしれません。


スタイル★★☆

外形寸法は全長4824×全幅1828×全高1508mm、全長は200mm、全高は81mm、ホイー
ルベースは110mmも長い2920mm!中国市場専用車の「3シリーズ ロング」用ですね。

このディメンションですとデザインはどうしてもかっこ良くはなりませんね!妙に
腰高で中途半端な印象です。ワゴンともSUVとも付かないそのカタチに私たちの目
が慣れていないせいもありますが、どうしても違和感というか自分の中でセグメン
トしきれない不安感、しっくりこない感を感じてしまいます。

それでもそこはBMWですからどうにかスポーティーに見せようと努力はしています。
例えばフロントフェンダーにはホイールハウスに流れ込んだ空気を抜き、ホイール
周辺の乱流を整える“エアブリーザー”なるダクトが設けられています。

またテールゲートの後端には、BMWモデルとしては初めての試みとなるアクティブ
リアスポイラーが備わります。これは車速が110km/hを超えると自動で上昇し、70
km/hを下回ると収納されるというもので、事実上日本の速度域では機能しないもの
ですが、そこは言うのは無しよという事で・・。ちなみにCd値は0.29です。

いいのはセダンなどとは異なり、サッシュレスドアが採用されていることでしょう
か?高いポジションとともに乗り降りはしやすくなっています。


内装★★★☆

前席のシートポジションは59mm高くなっています。リフターを使えばセダンとさ
ほど変わらないポジションまで下げる事もできますが、そうすると81mm高い車
高に合わせてセットされたダッシュやポジションに無理が出ます。

ホイールベースは110mm延長されています。結果、後席のレッグスペースは70mm
拡大され5シリーズ以上の広さを誇りますが、後席のシートバックの形状が畳ん
だ時の収まりを重視したために平板で、見た目や座った時の居心地は良くありま
せん。広いからといってこれをショーファーに使うのはやめた方がいいでしょう。

トランクは通常時は520リッター、最大で1600リッター!と広大です。ちなみに
これは現行5シリーズセダンのトランク容量と同じ。通常の3シリーズセダンは480
リッターですからトランクもかなり広くなっています。


エンジン・ミッション★★★★

GTには335iもありますが、今回試乗したのは4気筒の320iです。スペックはお馴
染み2リッター直4ターボで184psと27.5kgm、アイドルストップが標準で燃費は
JC08モード燃費は15.0km/リッターと150kgセダンと比べ重くなっているので1.6
km/リッターのダウンとなっています。

それにしても相変わらずこのエンジンとZFの8ATのコンビはいいですね!表
情が豊かで4気筒とは思えないほどの上質感があります。BMW特有の細かくピ
ッチを積み上げて行くかのような精緻な回転感と加速感はドライブを知的で官
能的なものに変えてくれます。335iの6気筒ももちろんいいですが、この非力
な?320iのエンジンをある程度回して走る楽しみも捨てがたいものがあります。
このボディにはこのぐらいのエンジンがあっていると思います。


足回り★★☆

一方、迷いが感じられるのはこの部分ですね。ここはBMWのエンジニアもセット
に苦労した感が伺えます。335iのMスポならもっと割り切ったセットなのでしょ
うが、この320iGTではセダンの機敏さもしなやかさもありません。

残念ながらその車高を担保するために乗り心地は荒く車体フロアの微振動も感じ
られます。昨今履き馴らしたと思われたランフラットの荒さもこのクルマでは如
実に感じます。明らかにセダンやクーペに対して乗り心地もハンドリングも劣り
ます。

電動パワステのフィールがぬるいのもBMWとしてはありえないです。ハンドルが
軽くコーナー入り口では初期ロールスピードの早さもあって少し気を遣います。
定常に入ってしまえばそこはBMWですから前後バランスの良さから安心感もある
のですが、その領域は決して広くありません。

それはスポーツモードにしても基本変わりません。多少姿勢変化が抑えられます
が、ステアリングフィールが変わることは無く安心感が増すわけではありません。
もちろん乗り心地はいっそう荒くなります。


総評★★★

足の評価が厳しくなってしまいましたが、BMWの名誉の為に加えれば3のセダンの出
来が余りにいいので基準がそこにあるということを書いておかねばなりません。

つまりこれ単体で見ればさほど酷いものでもありません。もしこれがトヨタのマー
クXジオなら絶賛レベルの走りです。

しかしこれは500万を超えるプレミアムブランドのBMWの最新作です。セールス氏に
軽く感想を述べると「今度335iGTのMスポ仕様を試して下さい」といわれました。
確かにMスポならスポーツドライブ時の乗り味が改善されるのは想像に難くありま
せん。しかしならばこのボディとの整合性はどうなるのかとも感じます。飛ばした
いならセダンでいいわけで・・。このGTボディにはゆっくり走っても楽しめる上質
で豊かな乗り味を与えてこそだと思います。昨今のBMWはそのあたりはあまり得意
じゃないのかもしれません。


【スペック】全長×全幅×全高=4825×1830×1510mm/ホイールベース:2920mm/車
重:1660kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランス
ミッション:8段AT/最高出力:184ps(135kW)/5000rpm/最大トルク:27.5kgm(270
Nm)/1250-4500rpm/タイヤ:(前)225/45R19 92W/(後)255/40R19 96W(コンチ
ネンタル・コンチスポーツコンタクト5 SSR)/燃費:15.0km/リッター(JC08モード
)/価格:514万円

※写真は
フェイスブック:http://www.facebook.com/?ref=logo#!/sijixyouoyaji
ブログ:http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/にアップする予定です。


●次号無料版「メルセデスベンツSL63 AMG」
“ちょっとアンバランス?” の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。




Vol.85「アウディA6 2.8TFSIクアトロ」

試乗 三菱アウトランダー24G ナビパッケージ

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.85は

“意外にもCVTが大丈夫!”「三菱アウトランダー24G ナビパッケージ」です。


m2.jpg
フロントはすっきりとした醤油顔になりました。できるだけ大きく見せたいデザインの多いSUVにあってコレはいい感じです。つまり大型のヘッドランプで左右への広がりを強調しないデザインですが、SUV特有の威圧感がなく知的な感じすら受けます。

m1.jpg
リアも薄いハの字型のリアコンビネーションライトが、サイドのキャラクターラインにつながって、安定感を表現しています。

気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」
本日の無料版は“相変わらず完璧!”「アウディA6 2.8TFSIクアトロ」です。
aua6[1]

今回はターボの3.0ではなく下のグレードでしたが、そのアンダーパワーまでもが、完璧なパワートレインによって、「澄んだ清流の如し」の美しさで私を圧倒させます。絹ごし豆腐のようにキメの細かな回転フィールとフラットで扱いやすいトルク特性はアウディのV6に共通する美点です。

詳しくは↑
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

sijixyouoyaji2011.jpg


タイムズプラスで、BMW,MINI,FIAT500が乗れる!
↑関東の人はBMWのActiveEという一般に発売されていない1シリーズベースのフルEVも借りることができます。

バックナンバー
サンプル号「日産マーチ」
創刊号「日産リーフ」
Vol.2「マツダ・プレマシー」
Vol.3「ジャガーXJポートフォリオ」
Vol.4「日産セレナ」
Vol.5「MINI COOPER S・クロスオーバー」
Vol.6「ポルシェ911カレラS」
Vol.7「トヨタ・ラクティス1.5」
Vol.8「ホンダ・ステップワゴン」
Vol.9「VWトゥアレグV6」
Vol.10「トヨタ・SAI」
Vol.11「三菱・RVR」
Vol.12「トヨタ・プリウスα G」
Vol.13「日産・ジューク15RX」
Vol.14「ホンダ・CR-Zα」
Vol.15「フォード・クーガ・トレンド」
Vol.16「ルノーカングー・ビボップ」
Vol.17「アウディA7スポーツバック」
Vol.18「BMW528i・8AT」
Vol.19「レガシィB4&ツーリングワゴン」
Vol.20「BMW740i」
Vol.21「レクサスIS F 8AT」
Vol.22「デミオ13-スカイアクティブ」
Vol.23「ランチア・デルタ 1.8ターボ16V」
Vol.24「フィアット500ツインエア・ラウンジ」
Vol.25「アウディA1 1.4TFSI」
Vol.26「プジョー508・グリフ」
Vol.27「フィット・シャトルHV」
Vol.28「アクセラ・20Sスカイアクティブ」
Vol.29「カムリ・ハイブリッド」
Vol.30「RX-8 TypeG 6AT」
Vol.31「フェアレディZ バージョンST 7AT」
Vol.32「ルノー・ウインド 5MT」
Vol.33「VW・シャラン1.4TSIハイライン」
Vol.34「BMW X1 xDrive20i」
Vol.35「アウディTTロードスター2.0TFSIクアトロ」
Vol.36「BMW120i」
Vol.37「スカイライン・クロスオーバー370GT TypeP 2WD 7AT」
Vol.38「アウディA6 2.8 FSIクワトロ」
Vol.39「レクサスCT200h Fスポーツ」
Vol.40「シトロエンC3エクスクルーシブ」
Vol.41「インプレッサ・スポーツ2.0」
Vol.42「ホンダN-BOXカスタムG Lパッケージ」
Vol.43「トヨタ・アクアGパッケージ」
Vol.44「アルファロメオ・ジュリエッタ・スプリント」
Vol.45「シトロエンDS4シック6速EGS」
Vol.46「ホンダCR-V 2.4 G」
Vol.47「マツダCX-5 20S FF」
Vol.48「レンジローバー・イヴォーク・プレステージ」
Vol.49「ダイハツ・ミラ・イースG」
Vol.50「スズキ・ワゴンR・スティングレー・リミテッド2」
Vol.51「スズキ・スイフト・スポーツ6MT」
Vol.52「VWパサート・ヴァリアント・ハイライン」
Vol.53「プジョーRCZ 6AT」
Vol.54「メルセデスベンツC200アバンギャルド」
Vol.55「ボルボV60 DRIVe」
Vol.56「アウディA4 2.0TFSI」
Vol.57「レクサスGS450hバージョンL」
Vol.58「BMW 328iモダン」
Vol.59「アウディQ3 2.0TFSI クアトロ211ps」
Vol.60「ポルシェ・カイエンSハイブリッド」
Vol.61「スバル・レガシィB4 2.0GT DIT(4WD/CVT)」
Vol.62「メルセデスベンツB180ブルーエフィシェンシー」
Vol.63「 日産 エクストレイル 20GT 6AT」
Vol.64「フォード・エクスプローラー・XLTエコブースト6AT」
Vol.65「ポルシェ911カレラS 7速PDK」
Vol.66「BMW X5 xDrive 35dブル-パフォーマンス」
Vol.67「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」
Vol.68「ルノー・メガーヌ・クーペ ルノースポール(RS)」
Vol.69「シトロエンDS5 6AT」
Vol.70「トヨタ・ポルテG」
Vol.71「スバル・インプレッサWRX STi A-Line 5AT」
Vol.72「ベントレー・コンチネンタルGT」
Vol.73「MINI クーパーS ハッチバック 6AT」
Vol.74「ホンダ・フィットシャトル・ハイブリッド」
Vol.75「三菱 ミラージュ M」
Vol.76「フォード・マスタングV8 GTクーペ・プレミアム」
Vol.77「ポルシェ ボクスター2.7 7速PDK
Vol.78「トヨタ マークX 250G 」
vol.79「VW high up! 5ASG」
Vol.80「スバルXV2.0i-L EyeSight」
Vol.81「レクサスLS600h バージョンL」
Vol.82「プジヨー208プレミアム」
Vol.83[ホンダ・N ONE Premium Tourer Lパッケージ」
Vol.84[メルセデスベンツ G63AMG」
Vol.85「三菱アウトランダー24G ナビパッケージ」



バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。