TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベントレー・ミュルザンヌ 試乗

「ベントレー・ミュルザンヌ 試乗」
”武士道を知る男のクルマ”


試乗の前にちょっとプライスをチェックして後悔しましたね!
3814万8800円(オプション込み)!

ロールスロイスのゴーストよりも1000万近くも高い!

まあ、乗っちゃったものは仕方ない。。

写真 4

確かに80年に発売された先代のミュルザンヌ(ロールスと同一)は直線基調の単調なデザインでした。

しかし、98年にロールス/ベントレーがVW/アウディに後の02年にロールスだけがBMWに売却されて以来、資金的にも潤沢なったこともあり、個別のボディが与えられ
絶滅危機種にあったベントレーは生き返りました。

もともとベントレーはデザインに拘りの強いブランドです。

個人的な好みで言えば、歴史上の白眉は1950年のH・J・マリナーのRタイプコンチネンタルでしょう。

これは2ドアの大型クーペで、今のコンチネンタルGTの祖父母に当たるモデルです。

巨大な白いボディを纏うこのクルマのスタイルはエレガンスの極みでした。
ネーミングもヨーロッパ大陸(コンチネンタル)を当時100マイル(160km/h)で駆け抜けたことに由来するなど、なんともロマンティックな成り立ちのクルマだったのです。


話が飛びました。

現行のミュルザンヌのスタイルは先代から一転、よき50年代のエレガンスを纏って復活しました。

ボディサイズは全長×全幅×全高=5575×1926×1521mm/ホイールベース=3266mm。

これはかの基準器メルセデスベンツSクラスが小さく見えるほどのサイズです。

顔はこの超大型ボディに平然と丸目2灯を与えるという大胆さです。
この大小のヘッドランプを組み合わせたフロントデザインは、1957年の「S1コンチネンタル」にそのモチーフを得ています。


特徴的なアルミのフロントフェンダーは航空機の技術を応用したといいます。
非常に凝った一体形成で、500度に熱したパネルに空気で圧力をかけて成形する「スーパーフォーミング法」という特殊な工法で作られます。
ここだけ見ても量産車にはとても出来ない所業です。

リアは垂れ下がったお尻に縦型のコンビネーションランプというなんともクラシカルな趣ですね。
これは馬車時代のトランクの名残を表現しています。


神は細部に宿るといいますが、ディテールも凝りに凝っています。

アンテナは無粋とトランクに内蔵されますし、楕円のドアハンドルは美しくクローム処理され内側には滑り止めのローレット加工が施されます。
格納式のラジエターマスコット「フライングB」は、41万2900円のオプションです。

ちなみにボディカラーはカタログに載っているものだけでも114色!
もちろんその他どんな色でもオーダーも可能です。

そして少し離れてみると、その全体のフォルムは威厳に満ちたものです。
その風格は磨きこまれた塗装の品質や隙の無いボディの建付けにもよりますが、ミュルザンヌの凛とした佇まいはこの独特なデザインによるところも大きいと思います。

このクルマは街の景色を変えます。

ミュルザンヌが歴史ある神殿だとするとメルセデスのSクラスは六本木ヒルズです。

このクルマを前にほとんど全ての高級車は子供っぽく見えてしまいます。


写真 2

革の香りも計算されています。
イタリア車のように甘すぎることもありません。英国車は男のクルマですからね。

革の質は最上のものです。フライングスパーよりも少し分厚く柔らかく、そしてしっとりもしています。

好みもありますが、こと革に関してはロールスのゴーストよりも上だと思います。
このクルマのお下がりがSクラスやレクサスに回ります。

リアシートの広さも特に高さでSクラスのロングを上回ります。
しかしSクラスのようなリクライニングはありません。
それは英国の流儀だからです。

クルマといえど外で寝そべるような姿勢は英国の紳士には許されません。
それがわがままな貴族や成金との違いです。

ベントレーはノーブレスオブリージュの何たるかを無言で示します。
マッサージはこっそり楽しめるのですけどね^^

時計はブライトリングです。
メーターは0が1時の位置にあります。
これは航空機スタイルの名残ですね。

そしてウッドパネルはよく見ると、運転席側と助手席側とで左右対称になっています。鏡のように左右で一致することから、ベントレーではこの仕上げ方を「ミラーマッチ」と呼んでいます。

ちなみにベントレー本社にはすべての顧客に対して同じ柄をキープしてあるそうです。

ちなみにインテリアは24色、カーペットも24色、そしてウッドが9種類の中から選びます。

この選択肢の多さが高級というものです。
つまり高級車のオーナーはここでも知性と個性を試されるのです。
まあそれはある人には楽しみでもあり、ある人には苦しみでもあるかもしれませんが。

ベントレーはオーダーから9週間かけて作られますが、この内装だけで170時間も使うといいます。

またミュルザンヌのトランクには専用のスケドーニ製の旅行鞄が用意されます。
大型のかばん2個、小型のかばん2個、折り畳み式のガーメントバッグ2個の合計6個がセットになったもので、デザインはインナードアパネルを模したものとなっています。


ここまで話してきてこのクルマの異常なクオリティの理由が掴めてきました。

このクルマのデビューは2010年、これがポイントです。
2013年にマイナーしたフライングスパーは価格(V8モデルで2000万円を切る)を抑えるためにコストダウンの匂いがします。

一方このミュルザンヌは価格差もありますが、VW/アウディグループがまだロールス/ベントレーにコミットし、過剰なコストを許容していた最後の時代かもしれません。

またベントレーは100年持つといわれています。
それはメーカーが100年間の部品の確保を約束しているという事なのですが、
この内装を見ていると本当にそんな気がしてきます。

100年後の風合いを見てみたい気になります。



写真 3

ミュルザンヌのエンジンは、6.75リッター・ツインターボです。

新しい?フォルクスワーゲン由来のW型12気筒ではなく、
その基本は50年前の由緒正しいLシリーズのV8、OHVです。

パワーアウトプットは2つのタービンの力を借りて、
最高出力512ps/4200rpm、最大トルク104.0kgm/1750rpm!

音はほとんど無音ですね。

イギリスのオートカーによると
「ミュルザンヌのアイドリング時における騒音計の
数値はたった39dBで、これはゴーストよりも5dBも小さい。
また80km/h時ではジャガーXJ3. 0Dより4dBも静かだ」とあります。

ただ無音といってもレクサスやSクラスのような人工的なものではなく、
それは自然に溶け込んだ無音です。

エンジンは風のように囁き、外界とはある距離をもってフレンドリーです。

この6750ccという巨大なキャパを持つエンジンの奥深さを知ると、
フライングスパーの新しいV8、4リッターツインターボでさえ
ちょっと乱暴でせかされる感じです。。


以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)


次号は「BMW M235iクーペ」
“気分爽快!””です。お楽しみに!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」
今週の無料版「BMW M6グランクーペ」
“汝は万能の神か!”

※無料版の記事は2013年10月に書いたものです。
有料版の記事の一部を加筆訂正し
約1年遅れで配信しています。

来週の無料版は「クラウン・マジェスタ」
“最高級ガラパゴ車の真価とは?“

sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

【おまけ】
夜中までPCを触っていると、なかなか寝付けなくなってしまいます。
そうで無くても現代人は睡眠が足りてない状態です。
寝不足の改善」が参考になりました。

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ


ブログランキングに参加しています。




スポンサーサイト

試乗 ベントレー・フライングスパー V8 足のセットに疑問アリ?

「試乗 ベントレーフライングスパーV8
“足のセットに疑問アリ?”


ben13.jpg
ベントレーに乗るのはVol.72のコンチネンタルGT以来ですから、
約2年ぶりです。

今回はベントレーの主力セダン、フライングスパーV8版が
今年の5月30日に追加されたというので早速乗ってきました。

ben14.jpg
従来、ベントレーの内装はずば抜けていて、
それだけでSクラスではなくベントレーを選ぶ理由になりました。

新型も基本的には変わりないのですが、
2年前に乗ったコンチネンタルGTと比べ、
僅かにコストダウンの影が伺えます。


ben11.jpg
サスはこのマイナーで最大の中国市場を意識して
かなり柔らかくされました。
これがちょっと気になるポイントです。

背の高さもありますが前回のコンチネンタルGTでは気にならなかった
揺れがこのフライングスパーには終始付きまといます。

交差点はもちろん、僅かな路面の不正にもローリング方向の揺れが残ります。
この性格は基本的にモードを変えても改善されません・・。



以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「レヴォーグ1.6GT-S」
“足は締まっているけど"です。お楽しみに!


今週の無料版は
「ジャガーFタイプV6」
“これは楽しい!”

jagu12.jpg


Eタイプ(1961年登場)以来の本格的なスポーツカーですね。XKはラクジュア
リークーペですからジャガーはそういえば約40年もスポーツカーを作っていな
かったのですね。

そりゃー気合が入るわけです。その気合はマフラーの爆音に現われていますね。
試乗車はポルシェの「スポーツエグゾースト」のようなオプション「アクティ
ブエグゾーストシステム」が付いていたのでなおさら楽しかったで・・。


スタイル★★★★☆

「2013年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しましたね。
ちなみに2位がアストンマーチン・ヴァンキッシュ、3位はマツダ・アテンザで
すね。

デザイン・ディレクターはもちろんEタイプのマルコム・セイヤーではなく、
ご存知イアン・カラム氏率いるデザインチームのアリスター・ウェラン氏。
彼は元アウディにいた若手ですね。Fタイプはコンセプトカー「C-X16」の市
販モデルにあたりますが、元がクーペだったのに対し、量産型はオープンカ
ーとしてデビューしました。

全長×全幅×全高=4470×1932×1307mm/ホイールベース:2622mmは堂々たる
体躯です。ちなみに同じオープンのボクスターが全長×全幅×全高=4374×
1801×1282mm/ホイールベース=2475mmですからクラスが違いますね。

ボリュームのあるフロントは古典的なオープンFRの法則通りでロングノーズ
・ショートデッキスタイルです。大きく口を開けたグリルはXKとも類似性を
感じますが、全体的にはずっと引き締まって筋肉質な印象です。ボンネット
フードはEタイプに習ってフロントフェンダーと一体式。ライトは流行の縦
長でちょっとフェラーリF12ベルリネッタかカルフォルニアのようにも見え
ます。

フロントと対照的にリアは薄いテールで近代的にまとめられています。これ
はもちろんEタイプをモチーフにしています。Eと同様に尻下がりなので、ト
ランクリッドの後端には100km/h以上でリフトする可動式のスポイラーを備
えています(揚力を最大120kg低減する)。

ちなみにドアハンドルはテスラなどと同様に普段はフルコンシールドでロッ
クを外すと飛び出すタイプです。ちなみにこのV6モデルとV8モデルの外観上
の差はリアのテールパイプがV6はセンター2本出しに対しV8は左右2本ずつに
なる事が最大の見分けポイントです。

内装★★★★☆

内装も新しいです。ジャガーのアイコンともいえるウッドは意識的に排除
され、シフトもダイヤル式ではなくバイワイアーですがスタンダードなフ
ロア式となっています。このあたりは伝統に囚われることなくモダンなス
ポーツカーを目指した現われでしょう。

センターコンソールもドライバーオリエンテッドにオフセットされていま
す。現代のクルマらしく中央のカラーモニターで多くをコントロールしま
すが、ダンパーやマフラーなど走行マネジメントの切り替えについてはダ
イレクトにシフトレバー脇のスイッチで行えるなど、スポーツカーらしい
機能性は確保しているのは流石です。

キャンバス製ルーフは12秒で開閉する。時速50km/hまでなら走行中でも操
作できます。全長を絞ったリアルスポーツ&オープンゆえトランクルーム
の容量は200.5リッターと最小です。シート背後に荷物を置くだけのスペ
ースは残っていません。このあたりはミッドシップのボクスターに敵いま
せん。

ただフロントシートは十分に広くポジションの自由度は高いです。残念な
のはステアリングパドルのタッチですね。ゴールドアルマイト塗装のパド
ルが添えられますがこのタッチが多少節度に欠けるのです。

一方いいのは高級車メーカーらしくシートのカラーバリエーションなどオ
プションが豊富な事です。望めばダッシュに本皮を張るなど豪華な仕様に
も出来ます。


エンジン・ミッション★★★★☆

ここのチューニングは驚きましたね。ノーマルでこれほど派手な排気音の
演出はポルシェ以上です。フェラーリやランボ、アストンに匹敵します。

試乗したのは340psの3リッターV6スーパーチャージャーですが、基本「XJ」
や「XF」のセダンと同じエンジンとは思えないほど過激なフィールとなっ
ています。

つまりエンジンに火を入れると、瞬間に「バァーン」と吼えてみせます。
急加速時には弾けるようなレスポンスと共にバイパスバルブが開き後方か
らは歯切れのいいブリティシュスポーツ特有の少し低音で図太く迫力ある
爆音が炸裂します。また勢いよくスロットルを閉じた時もバラバラパンパ
ンという、昔のハイチューンエンジンのアフターファイアのような演出ま
で施されています。

これは試乗したFタイプのマフラーにはサウンドコントロール用のオプショ
ンが(V6で36万円)がオンになっていたためですが、試しにこれをオフにし
ても嬉しい事に基本的な性格は変わりませんでした。ボリュームが少し抑
えられるのと擬似バックファイアーが消えるぐらいです。この程よく官能
的なフィールはジャガーではFタイプだけのものです。

もちろん音だけではなく実際の動力性能も十分です。ちなみにこのV6で
最高速は260km/h、0-100km/h加速が5.3秒とアナウンスされています。こ
の上には495psのV8スーパーチャージャー(1250万)もあります。雑誌に
よるとその演出はさらに過激だそうです。ミッションは定評のあるZFの8
速ATですね。これもトルコンとしては驚くべきタイト感とシフトスピー
ドで不満を感じません。あとはATモードでのブリッピングがあれば完璧
なのです。

とにかくこのエンジンはリアルスポーツそのものですね。低回転から高
回転まであらゆる回転で表情を変えます。内燃機関を操る喜びがここに
あります。もちろん現代のクルマですからアイドルストップも付きます
しCO2排出量は前者で209g/kmと優秀です。


足回り★★★★☆

乗り心地はジャガーとしてはかなり固めですが、荒さはまるで無く快適
です。それは第4世代という全く新しいアルミモノコック・シャシーによ
るところも大きいでしょう。オープンボディーながらその剛性はボクス
ターにも遜色ないと感じました。

ハンドリングもシャープですね。重量配分も50:50と理想的でステア特
性はニュートラルですが、ハイパワーFRですから踏むとテールハッピー
になります。足をスポーツモードにして固めると乗り心地はいっそう引
き締まり(荒くはなりません)テールスライドを許します。このあたり
の性格は腕のあるドライバーには楽しめるのではないでしょうか?

またステアリングも少し重めのセット(特にV8)でスポーツカーらしく
正確でダイレクトなインフォメーションを持ちます。飛ばすほどにボデ
ィーが小さく感じられるのは素性の良さに他なりません。


総評★★★★☆

オープン2シーターのリアルスポーツというカテゴリーでのライバルはポ
ルシェ「ボクスター」、BMW 「Z4 sDrive35is」、メルセデス・ベンツ
「SLK55 AMG」、シボレー「コルベット・スティングレイ」などもライバ
ルで、さらに高価ですがアストンマーチン「V8 ヴァンテージ」やアウデ
ィ「R8スパイダー」なども入るかもしれません。

これらの中でジャガーFタイプはそのブランドゆえ流石に大人っぽい印象
をもっています。価格もボクスターには負けますが911より少し安いあた
りを狙っていますね。

楽しさで言えばZ4やAMGより上だと思います。ハンドリングではミッドシ
ップのボクスターに分がありますが、演出の楽しさと趣味性ではFタイプ
が上でしょう。なかなか魅力的なスポーツカーの登場を歓迎したいです。


【スペック】全長×全幅×全高=4470×1932×1307mm/ホイールベース:
2622mm/車重:1730kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6 DOHC 32バ
ルブターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps/6500rpm/最大
トルク: kgm/3500rpm/タイヤ:(前)245/45ZR18(後)275/40ZR18(ピ
レリPゼロ)/価格950万円

※写真は
フェイスブック:http://www.facebook.com/?ref=logo#!/sijixyouoyaji
ブログ:http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/にアップする予定です。


●次号無料版「メルセデス・ベンツE250カブリオレAMGスポーツパッケージ」
”これは大人のメルセデス!” の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。



テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

試乗 ベントレー・コンチネンタルGT 

「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.72
~覆面自動車ライターによるぶっちゃけトーク~

今回のメルマガは“禁断の果実”
「ベントレー・コンチネンタルGT」です。

2012-08-15_13-43-01_936-1 (640x480)

↑昨年のモデルチェンジでグリルが大きくなりライト周りがLED化されています。

今週の1台は「ベントレー・コンチネンタルGT」


 気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)



●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」
本日の無料版は”固めのサスとにぬるいエンジンレスポンスがミスマッチ?”「アウディA1」です。
こちらは約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

2011_09_18_16_02_19[1] (360x640)

sijixyouoyaji2011.jpg
有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)




タイムズプラスで、BMW,MINI,FIAT500が乗れる!
↑関東の人はBMWのActiveEという一般に発売されていない1シリーズベースのフルEVも借りることができます。

バックナンバー
サンプル号「日産マーチ」
創刊号「日産リーフ」
Vol.2「マツダ・プレマシー」
Vol.3「ジャガーXJポートフォリオ」
Vol.4「日産セレナ」
Vol.5「MINI COOPER S・クロスオーバー」
Vol.6「ポルシェ911カレラS」
Vol.7「トヨタ・ラクティス1.5」
Vol.8「ホンダ・ステップワゴン」
Vol.9「VWトゥアレグV6」
Vol.10「トヨタ・SAI」
Vol.11「三菱・RVR」
Vol.12「トヨタ・プリウスα G」
Vol.13「日産・ジューク15RX」
Vol.14「ホンダ・CR-Zα」
Vol.15「フォード・クーガ・トレンド」
Vol.16「ルノーカングー・ビボップ」
Vol.17「アウディA7スポーツバック」
Vol.18「BMW528i・8AT」
Vol.19「レガシィB4&ツーリングワゴン」
Vol.20「BMW740i」
Vol.21「レクサスIS F 8AT」
Vol.22「デミオ13-スカイアクティブ」
Vol.23「ランチア・デルタ 1.8ターボ16V」
Vol.24「フィアット500ツインエア・ラウンジ」
Vol.25「アウディA1 1.4TFSI」
Vol.26「プジョー508・グリフ」
Vol.27「フィット・シャトルHV」
Vol.28「アクセラ・20Sスカイアクティブ」
Vol.29「カムリ・ハイブリッド」
Vol.30「RX-8 TypeG 6AT」
Vol.31「フェアレディZ バージョンST 7AT」
Vol.32「ルノー・ウインド 5MT」
Vol.33「VW・シャラン1.4TSIハイライン」
Vol.34「BMW X1 xDrive20i」
Vol.35「アウディTTロードスター2.0TFSIクアトロ」
Vol.36「BMW120i」
Vol.37「スカイライン・クロスオーバー370GT TypeP 2WD 7AT」
Vol.38「アウディA6 2.8 FSIクワトロ」
Vol.39「レクサスCT200h Fスポーツ」
Vol.40「シトロエンC3エクスクルーシブ」
Vol.41「インプレッサ・スポーツ2.0」
Vol.42「ホンダN-BOXカスタムG Lパッケージ」
Vol.43「トヨタ・アクアGパッケージ」
Vol.44「アルファロメオ・ジュリエッタ・スプリント」
Vol.45「シトロエンDS4シック6速EGS」
Vol.46「ホンダCR-V 2.4 G」
Vol.47「マツダCX-5 20S FF」
Vol.48「レンジローバー・イヴォーク・プレステージ」
Vol.49「ダイハツ・ミラ・イースG」
Vol.50「スズキ・ワゴンR・スティングレー・リミテッド2」
Vol.51「スズキ・スイフト・スポーツ6MT」
Vol.52「VWパサート・ヴァリアント・ハイライン」
Vol.53「プジョーRCZ 6AT」
Vol.54「メルセデスベンツC200アバンギャルド」
Vol.55「ボルボV60 DRIVe」
Vol.56「アウディA4 2.0TFSI」
Vol.57「レクサスGS450hバージョンL」
Vol.58「BMW 328iモダン」
Vol.59「アウディQ3 2.0TFSI クアトロ211ps」
Vol.60「ポルシェ・カイエンSハイブリッド」
Vol.61「スバル・レガシィB4 2.0GT DIT(4WD/CVT)」
Vol.62「メルセデスベンツB180ブルーエフィシェンシー」
Vol.63「 日産 エクストレイル 20GT 6AT」
Vol.64「フォード・エクスプローラー・XLTエコブースト6AT」
Vol.65「ポルシェ911カレラS 7速PDK」
Vol.66「BMW X5 xDrive 35dブル-パフォーマンス」
Vol.67「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」
Vol.68「ルノー・メガーヌ・クーペ ルノースポール(RS)」
Vol.69「シトロエンDS5 6AT」
Vol.70「トヨタ・ポルテG」
Vol.71「スバル・インプレッサWRX STi A-Line 5AT」
Vol.72「ベントレー・コンチネンタルGT」


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。




テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。