TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 マセラティ・クワトロポルテGTS

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.164は
「試乗 マセラティ・クワトロポルテGTS」“ちょっと芸術点が下がった?”
写真 1
フルチェン当時は大幅なサイズアップがスポーツサルーンとして物議を醸し出しましたね。

確かにスタイルも間延びした感はあります。

p3.jpg
それよりも問題は内装です。
クアトロポルテにとって内装は購入の大きな動機ですからね。

インパネやシートのデザインは平凡になり、
ウッドの質やレザーの質もはっきりとコストダウンの影が伺えます。

特にウッドパネルは日本車のようにテカテカとしたものになってしまいました。
先代の芸術的なデザインや手作り感は影を潜め、
単なる工業製品に成り下がったかのようです。

写真 2
エンジンは新型の3.8リッター直噴V8です。パワーは文句ありません。

しかし、ここも官能性の部分で言えば先代にかないません。
スタート時の演出やシフトダウン時のブリッピングなど確かにそれらしい演出はありますが、そのサウンドはどこか控えめでデジタルです。少し計算された演出を感じます・・。
写真 3


以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「ベントレー・フライングスパーV8」
“足のセットに疑問アリ?”です。お楽しみに!


今週の無料版は
「メルセデスベンツC 250 Blue EFFICIENCY Coupe」
“もしや最良のCクラス”

bc1.jpg


Cクラスのセダンにはこれまで何度も乗ってきましたが、あまりいい印象はなかった
です。率直に言ってDセグライバルのBMW3シリーズやアウディA4に比べ設計年度の違
いもあって少し落ちるなと思っていました。それは2011年のビッグマイナー後も同
様です。まあ現行のCクラス(W204)のデビューは2007年のジュネーブですからそろ
そろ次期モデルの噂も出る頃ですし・・。

そんな事もあって今回はあまり多くを期待せずにこれまで何故か縁がなかったクーペ
に乗ってみました。クーペはC63のAMGには乗ったことがありましたが、普通のモデル
には乗った事がなかったのです。そろそろ熟成も進んでいる頃だし、欧州車の常で最
終モデルはもしや美味しいのでは?なんて感じで試乗に出かけたわけです。


スタイル★★★★

全長×全幅×全高=4640×1780×1390mm/ホイールベース=2760mmというサイズは日
本で使う小型スポーツクーペとして絶妙ですね。セダン比で全高だけが40mmレスされ
ているだけですが、流石にカッコ良くまとまっています。

直線基調のウェッジシェイプを基本とするスタイルは以降Eクラスなどメルセデスの
本流になっていますね。

特にサイドはボンネットから伸びる1直線のキャラクターラインが力強さと明快さを
与えています。クーペフォルムの正に王道です。また全体のフォルムとしてはルーフ
ラインなど適度に曲線も交えてあるのはエレガントな演出も必要なクーペとしてはい
い塩梅だと思います。

デビュー6年を経ていますが、今でもさほど古さを感じさせません。いい感じにクラ
シックになってゆきそうな気配もあります。マイナーで前後のライトもLED化されて
いますね。
  

内装★★★★

内装もデビュー時と比べると見違えるように良くなっています。光り物が増えたダッ
シュボードはかなり高級感が出ました。また、08年の時に気になって、「プラスチッ
クのように硬い」と書いた記憶のあるステアリングの革は、柔らかく質感の高いナッ
パレザーに改良されています。欲を言えばEクラス以上に装備されるあの四角の時計
があればさらに高級感が増すと思います。

シートのカラーこの250では黒レザー1色ですがステアリングやシートには赤いステッ
チが施されシートベルトは赤!でかなりスポーティーに演出されています。着座位置
もセダンに比べて低くスポーティーなポジションになっています。

リアシートはクーペなりの閉所感はありますが、ヘッドクリアランスなどはしっかり
と確保されており身長177センチの私が座っても物理的にはどこも触れるところはあ
りません。プラス2とした事で左右を中心に寄せ確保したのでしょう。贅沢でパーソ
ナルな空間になっています。


エンジン・ミッション★★★★

Cクラスのエンジンラインナップは大きく分けて3つです。まず1.8リッター直4はター
ボのチューン違いで2種類、「C180 ブルーエフィシェンシー クーペ」(156ps、25.5
kgm)と「C250 ブルーエフィシェンシー クーペ」(204ps、31.6kgm)。それとご存
知6.2リッターV8(457ps、61.2kgm)を搭載する「C63 AMG クーペ」ですね。ちなみ
にC63AMGには507馬力を誇るエディション507(507ps、62.2kgm)もあります。

それにしても1800ccで250とか?ややこしいですね。さらに言えばこのCの250は直噴
ですがE250の成層燃焼エンジンとも違います。あちらは2リッターで211馬力です。メ
ルセデスのこのクラスのエンジンはちょうど過渡期で新旧入り混じっていますね。

トランスミッションはお馴染みトルコンの7段の「7G-TRONIC PLUSです。ツインクラッ
チではないですがそのダイレクトなフィールとシフトスピードの早さはなかなかのも
のです。トルコンとしてはBMWの使う神トルコン!ZFの8速には敵いませんが、かなり
近い位置にはあります。

1.8リッター直4直噴ターボエンジン自体は非常にパワフルです。1.8という排気量が信
じられないぐらいにトルクフルに走ります。特にスポーツモードで回せば効率のいいA
Tの助けもあってぐんぐんスピードをのせます。その勢いは一昔前のこのクラスのスポ
ーツエンジンの常識を超えます。

ただメルセデスらしいというかそのフィールに官能性はありません。音もフィールも
回す喜びはありません。この辺りはもう少し演出があってもいいと思います。


足回り★★★★

ココはちょっと驚きました。セダンとの差が大きいです。つまりかなりイイです。乗
り心地は重厚でサイズを忘れさせてくれる安心感に満ちています。まあメルセデスで
すからこの辺りまでは想定内なのですが、飛ばした時の締まり具合と言うかハンドリ
ングにはかなり驚きました。

セダンに比べて重心が低い事もあって外乱による乱れが最小です。剛性の高いボディ
と締まったサスのコンビはコーナリング中のギャップにも全く不安感を覚えません。
スピードを上げれば上げるほどに一体感の高まるフィールはセダンには無いものです。

さらにいいのはステアリングフィールです。ココはFRの価値があるというかCLAとの違
いです。W202時代のボール&ナット式ステアリングを思い起こさせるしっとりとした
滑らかなフィールは電動では久しぶりに味わいました。もうこのステアリングだけで
100万ぐらいの価値があると思います。その圧倒的な剛性感に支えられたスムーズな操
舵感は深く深く染み渡るものです。

ただこの昔ながらの良さを持ったステアリングには同時に昔ながらのメルセデスの悪し
き伝統も併せ持ちます。つまり低速での大舵角、交差点を曲がる時などのセルフアライ
ニングトルクの弱さが残っています。つまりステアリングを戻してやらないと手を離し
ただけではストレート状態に戻らないのです。これは面倒ですね。何でこの特性とのバ
ーターなのか分かりませんが・・、逆にこれの無いメルセデスのステアリングは前述の
良さも消えてしまうのです。不思議です。

 
総評★★★★

それにしてもCのクーペは予想外に楽しかったです。スタイルはやはりセダンとは比べ
物にならないぐらいカッコイイしパーソナル感に溢れています。クラスレスな贅沢さも
あります。この楽しいシャーシがあれば高価なAMGはいらないかもって思います。

残念なのはエンジンのフィールだけですね。せめてポルシェのスポーツエグゾーストの
ようなオプションがあれば面白いのにと思いました。

ライバルのBMW325iクーペとはいい勝負です。レクサスのIS250にはステアリングだけで
圧勝!身内ではA250のシュポルトよりも大人っぽく乗り心地もいいです。まだ乗ってい
ないのでなんとも言えませんが価格も安いCLAが気になります。ただAクラスベースでFF
のCLAにこのステアリングフィールは期待できないので、高級感ではやはりCに分がある
と思います。まあこのC250クーペは大人がさらりと乗ってかっこいいスポーツクーペの
最右翼ではないでしょうか?


【スペック】全長×全幅×全高=4640×1780×1390mm/ホイールベース=2760mm/車重
=1580kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(204ps/5500rpm、31.6kgm
/2000-4300rpm)/価格=598万円

(※この記事は2013年7月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約
1年遅れで配信しています。)


●次号無料版「ジャガーFタイプV6」
“これは楽しい!”の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。




スポンサーサイト

試乗 マセラティ・ギブリS

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.153は
「マセラティ・ギブリS」
“ネガ多いもなかなか魅力的“


mas2.jpg
「クアトロポルテ」に後ろ髪をひかれつつ、やはり最新のギブリSを選んで試乗してみました。

「クアトロポルテ」と比べ291mm短い全長がポイントです。

スタイルはクチバシのように長く伸びたフロントオーバーハングが、マセラティの伝統であり特徴でもありますが、ギブリではやはり前後のオーバーハングを切り詰めたこともあって、その部分が少し窮屈です・・。

mas3.jpg
内装は先代のクアトロポルテからすると少し量産車的になりました。例えばシフト横に付くサスの切り替えスイッチなどはプラスチック成形品を感じさせますし、ウッドパネルもコストダウンの跡がうかがえます・・。

何故かマセラティ特有の香りが無くなったのも少し寂しいですね。昔のマセラティは乗り込むとちょっと甘い香りがしたものです。まあ、そうした郷愁を求めるのは時代錯誤かもしれませんが・・。


mas1.jpg
フェラーリの工場で作られるという新型のV6は軽くアクセルを踏むだけであっという間にスピードに乗せます。その中速のレスポンスはスポーツセダンそのものです。ただはっきりと中速タイプのようで高回転まで回してもさほどパワーの盛り上がりはありません・・。

乗り心地はイタリア車そのものです。つまりテンション高め、爪先立った軽快なタッチですがスポーティーで快適です。

ダンパーやブッシュのヒステリシスを綺麗に排除したようなクリアな乗り味は明らかにドイツ車とは違ったイタリア車の美点です。これは例えばインプレッサのSTI tSとかアルピナとか一部の手の込んだチューニングカーだけが持っている感覚です。その乗り心地を一部のイタリア車はノーマルでも持っているのですね。ただ厳密に言えば、細かな微振動はとれていません・・。



以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「ルノー・キャプチャー」
“あっさり味のスポーティーSUV”です。お楽しみに!


今週の無料版は
「試乗 メルセデスベンツGL63AMG」
”優しい活火山”

img_743efb2012603db971aeb32555a8ccc4190504.jpg


(※この記事は2013年5月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約
1年遅れで配信しています。)
初代は2006年10月のデビュー、この新型は2012年のニューヨークショーでデビュ
ーしました。初代「GLクラス」が出た時は「Gクラス」つまりゲレンデバーゲンの
現代版かと思ったものですが、キャラが少し違いますね。Gは高級クロスカントリ
ーで、GLはフルサイズ・ラクシャリーSUVという事のようです。つまりこのGLはよ
り乗用車的、オンロードよりで豪華なモデルということです。

また前々回に取り上げたGLKがCクラスベースであったのに対し、こちらはMLクラス、
そしてRクラスと同じプラットフォームを用いています。生産も販売台数の多さも
あって米・アラバマ州の工場で行われます。


スタイル★★★★

目の当たりにするとやはり恐ろしくでかいですね。イメージとしては鬼瓦か横綱?

サイズとしては先代と比べ全長で45mm、全幅で25mm、全高で10mmほどしか大きくな
っていませんが、プレーンな印象だった先代に比べ明らかに彫が深くなり、力強い
印象となっているからでしょう。先代をゾウとするとこれはマンモスのような感じ
です。巨大な岩石が目の前に落ちてきたような圧倒的な存在感があります。この他
のクルマとは明らかに違う大きさは、たまに街で見るランドクルーザーが巨大に感
じるのと同じ種類の驚きがあります。

フロントマスクは多くのLEDで化粧されているのは最近の多くのクルマと同じです
ね。巨大なスリーポインテッドスターをもってもさらに巨大なグリルは上下に余裕
を残します。つまり押しの強さがポイントです。それにしてもこの顔だけでベンツ
の出来上がりですね。

全体としてはシルバーのアンダーガードやサイドステップ、ルーフレールなども標
準でSUV色を高めるとともにこの巨大なボディを引き締めてもいます。


内装★★★★

ここもいつものメルセデスですが、いいなーと思ったのはウッドが艶消しでナチュ
ラルな感じになっている事です。SUVらしく自然との対話を演出する意味でもいい
ですね。シフトはSクラスなどと同じように右のレバーの位置にあります。これに
より空いたセンターコンソール前部は大きな物入れが備わります。

シートは全ての席が大降りで快適ですね。前席はマッサージ機能も備わりますが、
これは結構はまります。

セカンドシートも天地が高く快適です。ミニバンよりもフィット感があり間延び
していないのはこの手のSUVの美点でしょう。そして驚きは3列目ですね。電動で
2列目を畳み、それを乗り越えるように乗り込むのに少しコツがいりますが、ひと
たびシートに収まってしまえばどこも窮屈な感じがなく、なかなか快適です。折
りたたみもセッティングも全て電動で出来ます。3列目まで届く3分割のサンルー
フも開放感につながっています。


エンジン★★★★

エンジンは5.4リッターV8 DOHC32バルブツインターボ(557ps/5250-5750rpm、
77.5kgm/2000-5000rpm)です。SUV用のエンジンとしてはかなりのハイチューン
ですし、スペック上も最強です。あのポルシェのカイエンターボですら4.8リッ
ターV8DOHC32バルブツインターボ(500ps/6000rpm、71.4kgm/2250-4500rpm)で
す。

2.6トンの巨体をさほど意識させないのはこの有り余るパワーゆえのことでしょ
う。スロットルを踏み込めばゴロゴロと唸りをあげるいつものAMGサウンドも健
在です。

加速は流石に車重がカイエンターボよりも約400kgも重いこともあってシャープ
さはありませんが、変わりにどこまでも伸びて行くかのような不気味さがありま
す。どんな速度からでもひとたびフルスロットルを与えると、カミナリ様の怒り
をかったかのような迫力で速度を上げます。この無尽蔵とも思える底なしのパワ
ーはちょっと一般道で試すのは不可能です。巨大なエンジンルームに収まるAMG
ユニットは巨大な岩場を砕く活火山のようでもあります。

ミッションは7速オートマティック・トランスミッション「7G-TRONIC」でパドル
が付きます。4MATICのシステムは伝統的なフルタイム4WDで、トルク配分はノー
マルが前後50:50、このGL63AMGでは40:60の固定です。

オフロードの機能としては急な下り坂でスピードコントロールをクルマ任せにで
きるダウンヒル・スピード・レギュレーションを装備するほか、車内に装備する
オフロードスイッチを押すと、30km/h以下でABSの作動を一瞬遅らせ、わざとタ
イヤをロックさせてその抵抗力で制動距離を短縮したり、アクセルレスポンスを
鈍くしてコントローラブルにするなどの機能も付いています。


足回り★★★★

AIRMATICエアサスペンションが採用されるほか、速度感応式パワーステアリング
やADS(アダプティブ・ダンパー・システムを備えます。硬さはスイッチでコン
フォート、スポーツ、スポーツプラスの3段階です。ベストはスポーツですね。
コンフォートではSUVとしては少し早いレシオのステアリングとリズムが合わず、
ボディがグラつくことがあります。少し気を抜くと流石の最新の足回りをもって
もこの高く重い上屋根は支えきれないようです。

これがスポーツになると、乗り心地の良さはそのままに多少飛ばしてもボディは
フラットに保たれます。この大きなボディが信じられないぐらいの勢いで曲がり、
止まります。

ただこのクルマのハイライトは高速巡航ですね。高い視点はスピード感が少なく
疲労も少ないです。長いストロークのサスは全てのショックをさざ波のように受
け流します。キープレーンアシストやアダクティブ・クルーズコントロールを使
いながらの巡航はまさに大海原を流すクルーザーのような優雅さです。

またサイズは大きいですが、小回りが利くこともメルセデスらしいところです。
見切りの良さや4つのカメラで自車を俯瞰で見ることが出来る360度カメラシステ
ム、また自動で縦列駐車を可能とするアクティブパーキングアシストなどの装備
によってサイズによるネガも最小限にとどめています。


総評★★★★

ライバルはアウディQ7、レンジローバー、ランドクルーザー、リンカーン・ナビ
ゲーターあたりのアメリカンフルサイズSUVといったところでしょうか?

まあ、日本では実質的にはQ7との一騎打ちかもしれません。軽快さやバランスの
Q7、AMGエンジンによる圧倒的なパワーのGL、レンジは繊細な感じですね。

つまり意外とバッティングしないというか、やはりこれが好きな人はQ7さえ眼中
にないのかもしれません。

確かに最新のメルセデスのテクノロジーも持っていますし、この陸の王者的安心
感は余人をもって代え難いものです。個人的にはより使いやすく味わい深いGクラ
スを選びますが、高速道路をとろけるように走るGLの魅力も分かります。


【スペック】全長×全幅×全高=5145×1980×1850mm/ホイールベース=3075mm
/車重=2620kg/駆動方式=4WD/5.4リッターV8 DOHC32バルブツインターボ
(557ps/5250-5750rpm、77.5kgm/2000-5000rpm)車両本体価格1750万円


●次号無料版「レクサスIS300h Fスポーツ」
”ハイブリッドでスポーツは難しい!”の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。