TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルノー・カングー

サイズだけは前ので良かったな
ca.jpg

酒好きのオヤジとしては花見に行きたくてうずうずしてます。

自粛が嫌い(苦手)なオヤジとしては石原都知事の意見はバッサリ無視して関西経済をビールの消費?で盛り上げていきたいと思います。

なんて事を書いたらまた「不謹慎な」と怒られるかもしれませんが、それは価値観の違いというものです。
ついでにクルマの雑誌やブログにビールや酒の話もタブー視されているようですが、、、
もちろん飲酒運転を推奨するものではありません。

とにかく既成の価値観や常識にとらわれていては、面白いクルマは作れないし選べないということです。
だから皆プリウスを買っちゃったりする・・

このカングーの方が100倍楽しくて実用的なのに!

●概要
先代は97年デビュー。エクスプレスの後継的モデルでした。

これは本国07年ですね。
ボディが大きくなったのが特徴です。サイズは、全長4215mm×全幅1830mm×全高1830mm、ホイールベースは2700mmとなり、先代比でそれぞれ180、155、80、100も拡大されました。

1.6のモノグレードで4ATと5MTが選べます。
あ、ショートのビボップがありますね。

初代がクリオベースで今回はメガーヌのプラットフォームです。

スタイル★★★★★
先代同様、誰が見てもほのぼのします。
なんとも愛嬌のあるスタイルです。

しかも日本の狙ったクルマのように子供っぽくなっていないのがさすがです。
釣り目なのに癒し系の顔、豊かなフェンダー、6ライトのサイドウインドウ、リア両側スライドドア、観音開きのリアドアといった特徴はそのままなのですぐにカングーと分かります。

役に立たないサイドアンダーミラーが付いているのが、唯一の欠点ですがこれは日本の法的な問題なのでカングーに罪は無い。

ca2.jpg
内装★★★★
先代の鉄板むき出しも良かったけど、今回のもいいです。

あえてプラスチック丸出しを美味くデザインしてます。

造形的にセニックやコレオスっぽくフラットな印象になって視覚的に固そうな感じが個人的には少し気に入りませんが、隅々までデザインされています。

耐久性を重視したシートはルノーにしては固めですが、サイズはたっぷりです。

フルフラットになったり、助手席を倒してテーブルに出来るなど、
実用車としての機能も抜かりがありません。

日本ではパーソナルカーとして使われる事が多い事を思うとステアリングは革巻きが欲しいところです。

エンジン★★★★
低速トルクがあり使いやすいパワートレインです。

先代比260kg重くなっていますが、回して走れば不満はありませんし、その場合の静粛性も十分です。

静粛性は先代から改良された部分ですね。

一方ATはスムーズですが、相変わらず、積極的に高回転をキープしてくれますし、エンジンブレーキを使ってくれようとします。このあたりはヨーロッパを感じる部分です。

★が足らないのは、やはり現代の水準では燃費が悪いからです。

それとMTの方はあと僅かでいいのでシフトフィールをしっかりとして欲しいです。
ストロークは大きくてもいいのでもう少しコクコクとしたフィールが欲しい。

そしてクラッチは上の方で繋がるのが不満です。半クラが難しく滑りそうで嫌なのです。
聞くと油圧の自動アジャスターなので調整不可との事でした。



足回り★★★★☆
この部分はこのクルマの白眉ですね。

試乗は2名乗車でしたが、固さはありませんでした。
5名プラス重量物が想定済のクルマですが、一人で乗っても荒さは微塵もありません。
終始フラットに、ぬめーっと走る感覚はルノー独特の湿り系のものです。

安定性も流石です。
いかにも大きなぱキャパを想定された足回りは、大いなるしっかり感と懐の深さを伝え、
どんなに飛ばしても安心です。

不意に大きなギヤップに出くわしても身構える必要はありませんし、コーナリング中に横っ飛びになっても積荷のずれを心配する余裕があります。

ステアリングはそれほど見事に路面の感覚を伝え、足回りは強靭です。

この足回りの取り付け剛性の高さはルノーの中でも別格のようで、同じハイト系でもコレオスなどよりはっきりと安心して飛ばせます。


☆が半分少ないのはブレーキが鳴くのです。
止まる寸前など僅かですが、、しかしこれも固体特有のものではなく、セールスの方いわく全てがそうなのだといいます。

実はクラッチの件といい、いまどき納得できなかったので、後でツイッターで知り合ったルノー名古屋東勤務、ビボップ乗りの(RENAULT_NE)さんに聞いてみたのですが、本当にそうなのだといいます。

対策としてご自身のビボップではクランツのパットに換えているそうです。


ca1.jpg

総合評価★★★★
先代比で室内のスペースや静粛性など随分進化しました。

スタイルや内装、安定性はそのままでさらに角の取れた乗り心地も文句なしです。
最高にお洒落で楽しい実用車です。

日産もADワゴンやめてこれを売ればいいのに!


ただオヤジにこのサイズは必要ありません。
オヤジ的には先代が正にジャストサイズでした。

このサイズとなってはムルティプラと迷ってしまいそうなのです。





●その他の活動です
電子書籍3冊については今年の売り上げの半分を震災被害者の方へ赤十字を通じて寄付させて頂きます。


メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」(4/4まぐまぐで創刊)
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 


試乗オヤジのマネージャーです。

↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ




ブログランキングに参加しています。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/179-d13a5e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。