FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 ボルボV40 T4 SE

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.98は

「ボルボV40 T4 SE」
“いきなり完成度が高!”です。


v1.jpg
一見ハッチバックですが、横から見るとやはり長いルーフでそれと分かる新型「V40」のフォルムは、随分とスポーティーでワゴンとハッチの間の新種のような雰囲気さえあります。アウディのA3スポーツバックのようなポジションですね。

v3.jpg
もはや“四角くい”ボルボ“と完全に決別した感じですが、それでも紛れもなくボルボと感じさせるのは、やはりその特徴的なコンビネーションランプの形状、特にリアまわりの造形によるところも大きいと感じます。

エクステリアデザイナーはサイモン・ラマー。彼は同じくリアがキャラクタリステッィクなボルボC30のスタイリングも手掛けていると聞けばなるほどと思う部分もあると思います。


v6.jpg

面白いのはメーターのデザインですね。センターに大きな丸型のメーターを1つ置いていますがこれがエレガンスとエコとパフォーマンスという3種のモードに切り替える事ができます。

エレガンスはブラウン、エコはブルーグリーン、パフォーマンスはレッドと色が変わり、表示もパフォーマンスではタコメーターに切り替わります。

以下、気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


本日の無料版は<「VWパサート・ヴァリアント・ハイライン」
“お買い得なれどVWはやはり小さい方が上手いかな”です。/span>

KIMG0107[1]

「VWパサート・ヴァリアント・ハイライン」
“お買い得なれどVWはやはり小さい方が上手いかな”
 
そういえば長い間、VWに乗っていなかったなあと思い立ち、VWディーラーへ直行。
ダウンサイジングの極みともいえる1.4Lシングルチャージャー(ターボ)に大き
めのワゴンボディの組み合わせを試してみたくなり、パサートを選びました。

パサートは昨年、2006年以来のフルチェンジをして7代目になりましたが、これま
で乗っていませんでした。同じエンジン(ツインチャージャーですが)のシャラ
ンは以前に乗って世界最高のミニバンとの確証を得ていたのでかなり期待して試
乗しました。

さらに今回はレポートをより正確にするために、セダンとワゴン(ヴァリアント)
コンフォートラインとハイラインの計4台を乗り比べてみました。


スタイル★★★★

このスッキリ端麗な味はベンツやBMWには出せません、いい感じにさりげなく枯れ
ています。その点、セダンはリアピラーやテールのコンビネーションに少々色気
を感じるので“らしく”ありません。このヴァリアントがお勧めです。
 
ストレート基調になったワルター・ダ・シルヴァの顔にヴァリアントの直線的な
サイドラインは良く合います。丸みを帯びたゴルフよりも新しさを感じます。

それにして、ももう誰が見ても真面目なスタイルです。一流企業のビジネスマン
が着るグレーのスーツです。決して嫌悪感を与える要素はありませんがお洒落な
要素もありません。まあそれがパサートのポジショニングと言うものです。


内装★★★★

内装もいいです。コンフォートラインは相変わらず地味なグレーで少々寂しいで
すね。50万円高くなるハイラインならVWの中でも高級なナッパレザーが使用され
いい雰囲気になります。

デザインは座面と背もたれにボーダーライン入りのインサートを施した、パサー
ト伝統のシートですが、素材が非常にいいので座り心地も良く、質感も素晴らし
いです。この革はBMWの3やベンツのC、さらに身内のA4よりもいいのではないか
と思うほどの質感です。ティグアンよりも良くトゥアレグ辺りと肩を並べる革で
はないでしょうか。

ステアリングの革の質感も同様にしっとりとしていてイイです。高級車でもたま
にこれ革か?と思うほどに硬い革を使うクルマもありますが、パサートのそれは
触った瞬間に手に馴染みます。

ウッドパネルは色もデザインも見飽きたものですが、本物を使っているだけあっ
て高級感はあります。

リアシートは文句なしに広いです。ゴルフから乗り換えるとやはりいいなと思え
ます。また荷室は座面を起こせばフラットになります。奥行きもカーペットの上
だけで175cmあり、より大柄なあのボルボV70よりも長いと言えばこのクルマの実
用性の高さが分かると思います。

星が1つ欠けるのはただただ地味なデザインである事(オプションでブラウンの
レザーを選べば少し明るくなります。本国にあるバッファロー色があれば尚良い
のですが・・)と、運転席の乗り降りでももの部分にサイドサポートのフレーム
が当たり、少し痛いのがマイナスです(特にコンフォートライン)。これはゴル
フにも共通する問題です。何故いつまでも改良されないのか不思議です。


エンジン・ミッション★★★★☆

今回のトピックがココですね。これまでの2リッター/1.8リッターから1.4リッ
ターに変更されました。122psの直噴ターボはゴルフのコンフォートライン用と
同じシングルチャージャーです。これにブルーモーションと呼ばれるアイドリ
ングストップ機構と回生ブレーキシステム(ブレーキを踏むとオルタネーター
を介してバッテリーをチャージする)が標準装備されています。

これにより10・15モード燃費(18.4km/リッター)!これはDセグ輸入車ナンバ
ーワンはもちろん、「ゴルフ コンフォートライン」(16.4km/リッター)より
もイイという逆転現象さえ起こしています。まあ、アイドルストップの恩恵が
大なので郊外での実用燃費は逆転すると思いますが。

それにしても見事なトルク特性です。シャランの時と同様ですが、超スムーズ
&ダイレクトな7速DSGと相まって全くパワー不足を感じさせません。

スタートは“ブロローン”と自動車らしい音を控えめに出して、しかし力強く
発進します。中間加速も意外に軽快で気持ちのいい加速をします。もちろんそ
こからさらに強く踏んでもストッパーに当たるだけで何も変わりませんがこれ
はこれで諦めもつくと言うか、清々しささえ感じます。

アイドリングストップのマナーもいい方です。実に洗練され、そして自動車ら
しい音とフィールを持った楽しめるエンジンです。正直言ってほとんどのハイ
ブリッドよりも遥かに楽しい省燃費エンジンです。


足回り★★★★

ここはコンフォートラインとハイラインで若干の差があります。1位インチサイ
ズダウンされるコンフォートラインは少ししっかり感に欠けます。国産車並み
とは言いませんが少しボディコントロールにゆるさが残りますのでドイツ車と
言うかVW特有のスッキリ感を期待すると裏切られるかもしれません。

その点ハイラインはちょうどいい塩梅です。サイズなりのゆったり感としっか
り感が絶妙にブレンドされ、確かにゴルフよりも高級車に乗っている感じを与
えてくれます。

セダンとヴァリアントの差は僅かですが、やはり音と剛性に現れていました。
セダンの方が少しいいです。しかしその差はほんの僅かなので私ならスタイル
と実用性でワゴンを取ります(セダンなら他のクルマを選びたくなってしま
う?)。

 
総評★★★★

それにしてパサートとかボーラ(古!)って玄人好みのクルマですよね!普
通はゴルフに行くしこのクラスならベンツやBMWに行ってしまう人が多いと思
います。しかも今回は1.4L、1本(夏に2.0のクロス風4モーションが出ますが)
になって最新モードのダウンサイジングターボを理解する人のみが選ぶと言
う意味でも通っぽいです。

走り味もハイラインは確かにスッキリ最新VWのいい面を持っていました。し
かし走りちょっと薄味というかゴルフに感じるクラスを超えた圧倒的な走り
のクオリティを感じるまでには至りませんでした。ただこれが国産なら間違
いなく5つ★の出来です。ゴルフより静かでゆったりしているので、飛ばさ
ない人にはいいでしょう。

で も今や価格を超え世界最高の名車を連発するVWにあってははっきり言っ
て少し見劣りします。まあ、内外装の品質感の割りに100万ほど安く感じら
れるのは素晴らしいと思います。コンフォートラインならゴルフのハイライ
ン(ツインチャージャーですが)とさほど変わりません。

ウーン、あと一押し響かないのは、やはりボディの剛性感でしょうか、あと
1味、コクが加われば間違いなくいいクルマになると思います。 


スペック:全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710
mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122
ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=396万円


(※この記事は2012年4月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正
し約1年遅れで配信しています。)
以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg

自分を不幸にしない13の習慣、今なら限定価格!


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。



小池塾(3ヶ月で英語ペラペラ)







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/318-2e2c2aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。