FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 フェラーリF12ベルリネッタ

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.100は

「祝!創刊100号記念!」
「フェラーリF12ベルリネッタ」
“史上最強のフェラーリ”



fe8.jpg
早いものでこの「雑誌に書けないクルマの通知簿」も皆様のお陰で100号を迎える事
が出来ました。本当に有難うございます!

元来怠け者の性格ゆえ、はじめる前は毎週試乗に出かけて原稿を書くなんて続けられ
るのかなー、と少し心配でした。しかし、いざはじめてみると1台どころか毎週2.3台
乗るのが当たり前で、乗ったのに書ききれないクルマもいっぱい。我ながら根っから
のクルマ好きなんだなーと改めて思った次第であります。

で、「創刊100号記念」として試乗するのは何がいいかなーと考えていたわけですが、
やっぱりフェラーリでしょ!というわけでフェラーリに試乗しました。

しかも458やFFではなく、発売されたばかりフラッグシップのF12ベルリネッタです!
3600万円(試乗車はさらにカーボンステアリング68万円、オプションのパールホワイ
トの外装色108万8000円など約300万円のオプション付)の最強モデルです。F12はweb
CGでもまだテストしていない希少なモデルですね。

599の後継モデルで4WDのFF(フォーフォー)のV12エンジンをさらにチューンし、NA
で最大出力740ps&最大トルク70.4kgmを発揮する化け物です!許容回転数はなんと
8700rpm!ほぼレーシングエンジンですね。このスペックはあのランボルギーニの『ア
ヴェンタドール』をも凌ぐハイチューン・ユニットです。

フェラーリやランボルギーニ、AMGなど500馬力級のスーパースポーツを含め、これま
で1000台以上のクルマを試乗してきた私にとってもこれは最強のエンジンです。

パワーはもちろん、その音といいフィールといい、正にこの世のものとは思えない世
界がそこにはありました。

しかも、コクピットに納まった瞬間なんと雨がポツポツと。。740psのFRですよ!汗;
さてさて、どうなる私??



fe9.jpg
初めてフェラーリの名を冠したモデルは「125スポーツ」で、フロントエンジン、V12
気筒118馬力でしたし、その後登場した「166」はル・マンで初めてフェラーリが優勝
したモデルでミッレミリアでも優勝しています。その後も「250・275.330.375MM」と
いった連綿と続くFR&V12レイアウト・フェラーリの輝かしい歴史は語るまでもないで
しょう。フェラーリにとってFR&V12レイアウトは正にメインストリーマーです。


fe7.jpg
流石に品質感は文句ありません。近年のフェラーリの内装は高級です。そしてデザイン
はF-1がモチーフですね。

ステアリング・ホイールに走行中のほとんどすべての機能を集約しています。これはリ
アルスポーツとして正解でしょう。ステアリングから一切手を離すことなく操作できる
事はハイスピードでは安全に繋がりますから。

実際このまったく新しいオンボードエクスペリエンスは慣れると極めて使いやすいです。

走行モードをWet、Sport、Race、 CT Off and ESC Off.に切り替えることができるマネ
ティーノ・スイッチをはじめ、スターター、ウインカーやワイパー、ダンパーコントロー
ル、ライトなどのスイッチがステアリングに収められています。


以下、気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


本日の無料版は「メルセデス・ベンツC200ブルーエフィシェンシー・アバンギャルド」
“マイナーで延命も流石に古くなってきた”です。
KIMG0124.jpg


現行のCクラス(W204)のデビューは2007年のジュネーブ。私もCには08年に淡路
島までドライブしたのを最後に乗っていなかったので久々に乗ってみようかと。
昨年には2000箇所にも及ぶ大規模なマイナーが施され、各メディアとも絶賛の嵐
と言うのも“ホンマかいな”と気になっていた事もあります。
 

スタイル★★★☆

直線基調のウェッジシェイプを基本とするスタイルはその後のEクラスのフォロー
もあり、今でもさほど古さを感じさせません。いい感じにクラシックになってゆ
きそうな気配もあります。

マイナーで前後のライトはLED化されました。フロントのポジションランプはCの
字を描くなど適度な洒落っ気も。Cd値はセダンの場合で当初の0.27から0.25に改
良されるなど機能面でもバージョンアップが図られています。
  

内装★★★☆

外観以上にマイナーで進化を遂げたのが内装です。光り物の増えたダッシュボー
ドで、かなり高級感が出ました。また、08年のときに気になって、「プラスチッ
クのように硬い」と書いた記憶のあるステアリングの革は、柔らかく質感の高い
ナッパレザーに改良されていました。

ただ、いいのはそこまででドアの内張りなどはまだまだ安っぽい印象は拭えませ
ん。シートのカラーも暗いものが多く、オプションで明るいものを選ぼうとする
と受注生産で3ヶ月以上待たされると言います。

まあこれが国産なら素晴らしいとなるのでしょうが、Cとは言ってもベンツと名乗
るからにはどうしても期待値が高くなってしまいます。マイナーでダッシュボー
ドだけ化粧直ししましたと言う印象が拭えません。


エンジン・ミッション★★★

変速機は「7Gトロニックプラス」にバージョンアップしました。スムーズで効率
も良さそうですが、最新のDSGなどに比べるとキックダウン時には一瞬の失速感
があります。

1.8リッター直4直噴ターボエンジンもパワフルですが、メルセデスらしくフラッ
トトルクで回す喜びはありません。そして音も回転のスムーズさもメルセデスを
名乗るには今一歩なのです。はっきり言ってボルボV60やプジョー・シトロエン
などに使われる1.6Lターボ&DCTの方が、遥かに静かでスムーズです。このエンジ
ンの印象だけでクルマが少し古く感じます。


足回り★★★☆

まず今回の試乗車は整備状態が悪くステアリングが少し左に取られていました。
おそらく左フロントのタイヤの空気圧の不足だと思います。ヤナセ系のMJBでの
試乗でしたが、プレミアムブランドを扱うディーラーとしてはちょっとお粗末で
すね。

まあ、それを差し引いてもステアリングのフリクションは気になりました。まあ
これはメルセデスの悪しき伝統なのですが、低速での大舵角、交差点を曲がる時
などのセルフアライニングトルクの弱さ、つまりステアリングを戻してやらない
と手を離しただけではストレート状態に戻らないのです。これは面倒ですね。

一方、乗り心地は基本的にはいいです。アバンギャルドで17インチの40(リア)
というファットなタイヤが災いして流石にEクラスのようにハーシュネス皆無と
はいきませんが、メルセデスらしい懐の深さと安心感に包まれます。ここは16
インチのエレガンスで味わいたかった部分です。

また高速でのハンドリングもアルミボンネットの採用で約10kg軽くなったフロン
トもあってなかなかスポーティーです。
 

総評★★★

「メルセデス史上最高」のコピーで登場したマイナー後のCですが、結論はやは
り5年の歳月を感じます。新しい3シリーズとは比べるべくもありませんが、A4や
ボルボC60などと比べても少し落ちます。前回のパサートと比べ100万円以上も高
いのも気になります。

今、Cを買うならAMG63もしくはクーペ、いっそE250の方がオススメです。どうや
らW204とは相性が悪いようです。08年の時も響きませんでしたが、今回も駄目で
した。もしかすると190やW202の幻像が残っていて期待値が高すぎるのかもしれ
ませんが。

スペック:全長×全幅×全高=4640×1780×1430mm/ホイールベース=2760mm/
車重=1520kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250
rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=492万円

(※この記事は2012年4月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し
約1年遅れで配信しています。)



以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg

バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/320-c1ecde32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。