FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 キャデラック ATS プレミアム

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.113は

Vol.113「キャデラックATSプレミアム」
“もしや最良のキャデラック?”

いやー、5m走った瞬間、ちょっと驚きました!
ボディはベンツのように硬く、乗り心地はレクサスのようにスムーズだったからです。

キャデラックは以前のメルマガでCTSをちょっと酷評しましたが、このATSは別物ですね!
流石のブランニューです!
__ 1
エンジンはL4 2.0一本です。かなりのハイチューン(276ps/5500rpm、最大トルク:35.9kgm/1700-5500rpm)。これはBMWやアウディなどの2リッターターボを上まわるスペックです。

4気筒としては非常にスムーズで、あらゆる回転で振動はほぼ皆無です。しかも回す
とちゃんとスポーティーなサウンドも聞かせてくれます。もちろん4気筒なので音質
自体は高級とはいきませんが、粒の揃った上質なもので十分にスポーティーな音色
です。
__ 2
驚くべきは電動パワステのフィールです。これがまるで良く出来た油圧のそれのよ
うに抜群のフィールを持っています。路面のフィールを正確に伝え、タイヤのグリ
ップの限界は手に取るように分かります。またステアリングの中立付近の据わりも
素晴らしくクルージングも非常にリラックスできます。この辺りは前々回に指摘し
たレクサスISの電動パワステと違う部分です。

__ 3
ココも他のライバルを上回っているかもしれません。ダッシュボードもレザーが張
られ、センターコンソールは光沢のあるピアノブラックに塗装されています。試乗
車のレザーはブラックでしたが、外装が黒の場合はボルドーのようなシックな赤の
レザーを組み合わせる事もできます。

__ 4

リアシートはあまり広くありません。特にCピラーの部分が頭の横に近く少し気
になります。ただシートサポートは良く飛ばされても安心感があるのは美点です。
そのあたりはスポーツセダンの文法を守っているともいえます。


以下、気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)


今週の無料版は
「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)」
“普段使い出来るスーパースポーツ!”

KIMG0398[1]
C63AMGのクーペは2011年8月のデビューです。AMGの中でも最後の大排気量自然吸
気ユニットとして天然記念物的にもてはやされている6.2L、M156型ユニットを搭
載したクルマですね。燃費の問題から他のAMGが軒並みダウンサイジング?ターボ
化している中、最後まで生き残っている1台です。またAMGが1から設計した初のエ
ンジンとしても貴重ですね。今買っておけばプレミアが付いて値下がりしないか
も的なコレクターズアイテム物件です。

 
スタイル★★★★

Cのクーペってなかなか端正でバランスのいいスタイルですね。ノーマル比ではか
なりワイドな前後のフェンダー(特にフロント)やリアの4本出しマフラーなどが
特徴です。試乗した黒はチョイ悪な感じがあまり好みではありませんが、プロポー
ション自体はサイズの割りに綺麗にまとまっていると思います。腰高な感じのセダ
ンよりもやっぱりクーペの方が純粋にかっこいいと思います。

また流石のAMGだけあって高級感・存在感もたっぷりです。ノーマルのCとは明ら
かに違う重厚感や圧力があります。オプションのパフォーマンスパッケージ装着
車はホイールが19インチになりリアにカーボンのリップスポイラーが付く事でも
見分けられます。


内装★★★★

ここもAMG専用のメーターが与えられるなど、その濃密な時間の演出には事欠きま
せん。ステアリングも小径の専用品でシートはナッパレザーのスポーツシートで
す。しかしそこはメルセデスですからアウディのRSやBMWのM3ほどタイトではなく、
街乗りでもさほど不便は感じません。

いいのは、まあこれはノーマル同様ですが、建付けが圧倒的にしっかりとしてい
て荒れた路面をハイスピードで突破してもミシリとも言わないところです。この
あたりは体感的にはボディ剛性と課それ以上の効果を発揮しますから、他のメー
カーももっとこだわって欲しい部分です。この内装のしっかり感だけで随分高級
な印象になります。


エンジン・ミッション★★★★☆

このボディにV8、6.2Lのキャパは過剰以外の何者でもありません。しかし、この
クルマが支持されているのは全開にさえしなければ初心者でも街乗りで普通に乗
れてしまう扱いやすさです。

スタートはC(コンフォート)では2速発信となるため予想以上に穏やかです。そ
してそれはモードを切り替えても基本的には同じです。7段ATをS(スポーツモー
ド)にすると確かにレスポンスはダイレクトになり、音も凄みを増しますが、決
して最後の一線を越えることはありません。つまりガツンとくるシフトショック
やスタート時のドライバーの意に反した予期せぬ過激なGなどは間違ってもやっ
てきません。ドライバーが常識的なアクセル開度を保つ限り高級車然としたマナ
ーを保ちます。このあたりは私のアウディS8よりも遥かに扱いやすいといえます。
S8はノーマルモードでも1速のギアリングが低くスタート時にはアクセル開度に
気をつけなくてはいけません。特にパッセンジャーがいる時には並みのクルマの
半分ほどの速度でアクセルを空けてゆかねばならず気を遣います。普通に空ける
とパッセンジャーの首はガクガクになります。

その点このC63AMGのスタートは基本2速発進となるなど遥かにマナーがいいです。
このあたりはメルセデス・ベンツの伝統をよく守っているといえます。ただ、ア
クセルを全開にした場合はもちろん6.3のパワーが炸裂するわけですから初心者
が冷静でいられるはずはありません。それまでが穏やかであっただけに逆にその
反動は大きく、地鳴りのように轟くサウンド供に訪れる強引なまでの加速はアク
セルを踏み続けることを躊躇させずにいられません。

ちなみに音はM3ほどレーシーでもダイレクトでもありませんが、低速では大排気
量特有のゴロゴロとした重低音を響かせます。さらに高負荷になると地鳴りのよ
うな豪快なものになります。

AMGスピードシフトMCT 7スピード・スポーツ・トランスミッションのシフトダウ
ンは完璧で綺麗な中ブカシを入れますからスムーズで気持ちのいいドライブとな
ります。従来のC63AMGはトルコンでツインクラッチのライバルに対して明らかに
劣っていましたが、今回から湿式多段クラッチを採用しよりダイレクトになりツ
インクラッチのスポーツ性とトルコンのスムーズさのちょうどいいとこ取りのよ
うなミッションになりました。これもこのクルマのキャラにあっていると思いま
す。

試乗時は雨が降っていたこともあって直線でもホイールスピンを誘発し、何度も
ESPの介入を知らせるランプが点滅しました。しかし一定以上のドライバーにと
って扱いやすいのはターボと違ったNAならではのフラットなトルク特性です。

ターボの場合は予期せぬ急激なトルクの立ち上がりがコントロールを難しくしま
す。特にコーナリング中の場合は命取りになりかねませんから、横方向のグリッ
プを保ちつつの推進力を得るのは至難の業です。ところがこのC63AMGは細かなコ
ントロールが容易です。例えばあと50ps欲しい時はその開度をピタリとそして気
持ちよく引き出して走ることが出来ます。こうした走りの自由度こそが大排気量
NAの醍醐味でしょう。AMG最後のNAがもてはやされる訳です。


足回り★★★★

まずもって見事なのは一切の直接的なショックを伝えないことです。これはノー
マルのCクラスよりも明らかに上で高級なものです。強化された強靭なボディは
どんな悪路をハイスピードで通過しても音をあげません。このあたりは高価な部
品を手間暇かけて組み上げられたスペシャルモデルだけに許された領域です。

ただしハンドリングはM3にあるコツコツとした硬さはさない代わりにフラット感
やハンドリングのダイレクト感は物足りないかもしれません。まあそこらはオプ
ションのパフォーマンスパッケージを選べば解決するのですが。

 
総評★★★★

M3ほどのシャープな切れ味も無く(限定のブラックシリーズ、パフォーマンスパ
ッケージのオプション搭載車を除く)RSほどのスタビリティもありませんが、
C63AMGには古典的で豪快なサウンドと扱いやすさがあります。もちろんアクセ
ルを全開にすれば世界第一級のスピードを得ることも可能です。この古典的で
ロマンティックな走りこそC63AMGの特徴でしょう。

ずばりこのC63AMGとM3、RS4、IS-Fならばどれを選ぶか?この問いにはスポーツ
派ならM3、理論派ならRS4、実用的でロマンティック&オールマイティならC63
AMGが答えです。

私ならRS4は新型待ちとして、今選ぶならM3(こちらも新型も出ますが現行で十
分)
ですが、1台しか持てないならパフォーマンスパッケージプラス(125万アップ)

オプションを前提にC63AMGを選びます。IS-Fは価格が半額ならアリかなという
程度。

とにかく久々に乗ったC63AMGはやはり乗りやすいスーパースポーツでした。確か
にスポーツカーとしてのシャープな切れ味や楽しさダイレクトなフィールという
点ではM3に及びませんが、日常の使い勝手やなにやら豪快な凄みのようなものは
AMGが上です。このあたりは好みの分かれるところでしょう。AMGが世界的に販売
が好調な理由は超弩級のスーパースポーツでありながら、このほぼ完璧な日常性
を持っているからです。スポーツドライブの好きな人はこれ1台でかなり満足で
きると思います。


スペック: 全長×全幅×全高=4710×1795×1390mm/ホイールベース=2765mm/
車重=1800kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(487ps/6800rpm、
61.2kgm/5000rpm)/価格=1085万円



(※この記事は2012年7月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約1年遅
れで配信しています。)



以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



PR:「10日で7,000人を集めたツールが貰えます」
こんにちは。
試乗オヤジです。

突然ですが、あなたは
見込み客集めをうまくできていますか?

私はご存知のようにフェイスブックもやっていますが
これはフェイスブックを使ったツールのご紹介です。

たった10日で、
実名の連絡先付見込み客を
7,000名も集めた自動ツールが
期間限定で無料公開されています。

またこのツールとは別に、
アメブロ削除問題などで
何かと話題になっている
ワードプレスのテンプレートも
無料でもらう事が出来ます。

配布数に限りもあるそうなので
気になった方は

下記URLをクリックして
申込みを済ませてください。

⇒ http://123direct.info/tracking/af/731124/MLqO3HPS/


●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/333-fd4bd8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。