FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 メルセデスベンツA45AMG Edition 1

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.129は

「メルセデスベンツA45AMG Edition 1」
”高いが流石にモノはいい!

a453.jpg
AMG初の4気筒ユニットの仕上がりは上々です。市販の4気筒として最高の出力と言
う360馬力を発生します。ちなみにA45の数字の意味は4.5L級のパワーをなんて言
う曖昧なモノではなく、その最大トルク(450N・m)に由来します。

a451.jpg
低い地鳴りのようなサウンドもAMGそのものです。Sモードにすると擬似バックファ
イヤの演出も派手になってバンバンいいます!おそらくCLA45AMGよりも派手な演出
になっているはずです。

a452.jpg
あえて難点を挙げるならトルクの盛り上がりに欠ける事でしょうか?絶対値は別に
して高回転まで回してもフラットなトルク特性のためかドラマに欠けます。音も過
給AMGユニットの常でツキ抜ける感じはありません。


以下、気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「ホンダ・フィット3ハイブリッド」
“愛せないかも?“の予定です。お楽しみに!



今週の無料版は

「ホンダ・N ONE Premium Tourer Lパッケージ」
“何だこの音と振動は?”

KIMG1053[1]


今回も「目指せWebCGよりも先のレポートを!」の勢いで、この1日に発売されたば
かりの「ホンダN ONE」に乗ってみました。

ホンダのディーラーは日曜日ということもあって、まあ混んでましたね!そして担
当してくれた営業マンは入社3週間という、クリクリの巻き髪に長い爪のまんまキ
ャバクラ嬢風のお嬢さん(まあ嫌じゃないけど)でした。

あんまりいじめるのも可哀想なので、まずは簡単な質問をと思い「これ何気筒です
か?」って聞くと「えーとCVTです!」なんて答えるもんだから、もうクルマの話題
は封印して試乗中は「家は近いの?」とかもっぱら世間話というかキャバクラトー
クに終始しました( ´▽`)

彼女もそういう話になるといきなり饒舌になってどんどん会話が進むクン。それに
しても香水キツくてよく上司に怒られないなあー、なんて感心しながらの試乗とな
りました(まあ嫌いじゃないけど)。。


スタイル★★★★

昨秋の東京モーターショーに参考出品された「Nコンセプト4」の市販モデルですね。
往年の「ホンダN360」のデザインをモチーフにしているのはビートルやMINI、FJク
ルーザーなどと同じ手法です。

モチーフとなった「N360」は、1967年に誕生したホンダ初の量産軽乗用車です。それ
までの常識を打ち破る高性能と、高いスペース効率、低価格で、大ヒットし今のホン
ダ4輪の礎を築いたといってもいいモデルですね。

さてN ONEのスタイルですが、うまく現代的に解釈されていると思います。丸型のラ
イトとグリルで往年のNを上手くイメージさせています。男性が乗っても恥ずかしく
ないのは流石にホンダの作品と感じさせます。

前高は1610mmもありますが、ウエストラインを高く設定しているため、プロポーショ
ンは乗用車風でさほど高く見えません。台形のフォルムに、最大限広げたホイールベ
ースでトール系特有の不安定さとは無縁です。

またボディカラーが11色と豊富に用意されているのも国産車には珍しく楽しい設定と
なっていますね。2トーンのカラーも選べるあたりもMINIのヒットを研究した跡が伺
えます。

オプションも豊富でフロントグリルのデカールなど、楽しいドレスアップパーツが用
意されています。


内装★★★★

内装も軽とは思えないほど品質の高いものとなっています。シート表皮は全車、抗菌
タイプの「アレルクリーンシート」となっていますが、これの肌触りがよく高級感が
あります。普通こうした抗菌加工などを施すとめっきり質感をう失ってしまうものが
多いですが、これは並みの小型車よりも質感が高いです。

前席がベンチ式になっているのもいいですね。左からの乗り降りが出来る事もそうで
すが、今回みたいに若い女性を乗せた時のドキドキ感が違います!

リアシートも広いですね。スタイルのところでも言いましたが、ハイト系に見えない
のに乗り込むと頭上にはたっぷりとした空間があります。またフィットよりも長いと
いうホイールベースも効いて足元のスペースも文句無しです。広すぎるN-BOXよりも
リアシートの居心地はいいです。

ダッシュのデザインも上手いですね。フロントグリルを意識したそれはちょっとレト
ロな感じもあって、Nらしいというかこのクルマに合っています。

また、ドアの開け閉めをするとこのクルマが軽のレベルを超えてプレミアムを目指
していることが分かります。しっかりとした感触はミラージャやマーチはもちろん
フィットでも得られないものです。


エンジン★★
 
ここまで好印象でしたが、不思議なことにエンジンのホンダがこの項目で失点です!
試乗したのは「Tourer(ツアラー)」と呼ばれるターボエンジンを搭載したモデル
でしたが、これがなんとも煩いのです!楽しいキャバクラトークを無粋に遮るでは
ありませんか!

音質もただ「ガーガー」とアヒルのように低く唸るだけなので何もいいことはあり
ません。

この印象に拍車をかけるのが、またまた滑りまくりのCVTです。いくらパワーのある
エンジンを持ってきてもこのCVTで全てが台無しです。ノイズが大きいだけに先に唸
り始めるのが余計に気になります。ホンダはいつまでこんなミッションで行くので
しょうか??

ターボで力があるのだからもっと低速で頑張って欲しいのですが、回転が容赦なく
上がってしまい加速が付いていきません。もちろん絶対値としては軽の割に速いの
でしょうけど、感覚的には音と出来の悪いCVTのせいでその速さがまったく実感で
きません。宝の持ち腐れです。これならNAでのんびり走る方がまだ精神的に健全
です。

そして振動の大きさもかなり気になりました。この3気筒はN-BOXと基本同じです
が、N-BOXでは感じられなかった振動がこちらではかなり出ています。マウントを
固めたのでしょうか?それも嫌な振動が高回転になっても残ります。

例えば2気筒でもツインエアなどは初めにトコトコと楽しくまろやかな鼓動(振動
ではない!)が伝わり、高回転では見事に「キーン」と最新のエンジンらしくバラ
ンスが取れます。

なので全く嫌ではないのですが、このエンジンの振動の質はそのノイズ同様、単な
る悪材料でしかありません。全くホンダらしくないというか、どうしちゃったので
しょうか?初期ロッド特有の洗練不足かもしれません。


足回り★★★

ここもらしくない部分です。乗り心地は★★です。確かにしっかり感があってそこ
そこフラットな感じも軽の常識を超えたホイールベースの長さを感じますが、いか
んせん細かな振動が多すぎます。モデル最大の15インチタイヤと、これも全く新車
であったためのフリクションなどを考慮する必要があるかもしれませんが、それで
も硬すぎます。

終始、体が揺さぶれられます。ノイズとともにこの乗り心地にプレミアムな感じは
ありません。

一方ハンドリングと安定性は★★★★です。確かに飛ばせば軽を超えたしっかり感
とその車高からすると素晴らしい安定感があります。コーナーでのバランスも悪く
ありませんし、ステアリングフィールもN-BOXよりも遥かに饒舌です。


総評★★

今回はかなりがっかりの試乗でした。なかなかのデザインと質感、そしてセールス
レディだったので乗る前はテンション高まりましたが、走り出した瞬間にそのノイ
ズとCVT、乗り心地にやられました。

価格が高すぎるのも残念です。今回市場したモデルは158万7750円(50円単位の車
両本体価格って初めて見た)!という価格です。

開発者いわく「N360」からもっとも色濃く受け継いだのは、革新と先進の提案とい
う「志」であると言われていました。初代のNは確かにそれまでの軽の5割増という
パワーと美事なデザイン&パッケージング、しかし低価格をも両立したから評価さ
れたのです。今のN ONEに価格のこだわりはありません。

確かに見た目はプレミアムな軽ですが、それにしては今の走りの仕上がりでは満足
できません。とても並みの軽の1.5倍のエクストラは払えません。

今回の試乗は他の媒体の情報が無い中での酷評でかなり責任を感じますが、私も
1000台を超えるクルマを試乗してきた試乗オヤジです。乗り味の印象に間違いはな
いと思っています。

結論としてこのクルマはしばし「待ち」ですね!おそらく1年ぐらいで見違えるよ
うに熟成されるのではないでしょうか?その時はまたご報告させていただきたいと
思います。


【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1610mm/ホイールベース=2520mm/
車重=1160kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC16バルブ(64ps/6000rpm、
10.6kgm/2600rpm)/価格=158.775万円


(※この記事は2012年11月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し
約1年遅れで配信しています。)


●次号無料版は「メルセデスベンツ G63AMG」
“世界遺産に認定します!”の予定です。お楽しみに!


以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/351-7b40fbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。