FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 メルセデス・ベンツG350ブルーテック

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.139は
「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」
“生まれた時から骨董品”


g2.jpg
GクラスはVol.84でG63AMGを取り上げています。その時も総合評価4つ★で印象良かった
です。今回は待望のディーゼルエンジンが乗ったので約1年ぶりに試してみました。

しかも今回は右ハンドルで価格はAMGの1780万に対して989万です!

これは気になります。

スタイル★★★★★

Gクラスは、1979年デビュー、今年で実に34歳という長寿車です。もはや骨董品ですね。
流行が1周まわって最近のエッジの効いた直線基調の流行に少し合ってきた感さえありま
す。

とにかくこれ以外何物でもないスタイルは評価のしようがありません。クルマというより
クラシックホテルのような威厳すらたたえています。


g3.jpg
内装★★★★★

ここも凄いです。ドアは「カッキーン」と閉まります。そう930型時代の911と同じような
硬質なフィールのそれです。するとあたりの空気は音を失い凛とした雰囲気に圧倒されま
す。

デザインはフルチェンジ(誰も気づかないけど)でグッと近代的になりました。ただその
外観と同様、基本的に直線で構成される事に変わりはありません。幅が適度に狭いので濃
密感が半端ないです。リッツのスタンダードルームでは無いですが質の高い物に囲まれる
とその無言の圧力で妙に上品になります。


g1.jpg

エンジン・ミッション★★★★

エンジンは3Lディーゼルターボ、最大出力:211ps/3400rpm最大トルク:55.1kgm/1600-2400
rpm。排ガスの浄化システムはまだ尿素SCRと酸化触媒、DPF(粒子状物質除去フィルター)の組
み合わせです。

ディーゼルと聞いてもっと“ドロドロ”したフィールを少し期待したのですが、これは“シ
ュンシュン”とまるで良く出来たガソリンユニットのように回ります。Gのボディにはもっと
重厚なフィールでも良かった感じです・・。

以下、気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「ホンダ フィットRS」
“ホンダの熱い血は注がれたか?”の予定です。お楽しみに!


今週の無料版は
「アウディS5スポーツバック」
“楽しさではM3に劣るか”

a23.jpg


早いものでA5が出てもう6年になるのですね。このS5も当初は4.2リッターV8DOHC
32バルブ(354ps/7000rpm、44.9kgm/3500rpm)を搭載していましたが、マイナー
で3リッターV6DOHC24バルブスーバーチャージャー付き(333ps/5500-6500rpm、
44.9kgm/2900-5300rpm)に変更されました。

今回試乗したのは5ドアのスポーツバックです。


スタイル★★★☆

デザイナーは有名な日本人のワダサトシさんですね。やはりクーペの方がバラ
ンスが良くてカッコいいと思います。クーペは流麗なラインと端正さを併せ持
つ実に美しいデザインだと思います。

このスポーツバックはホイールベースがクーペより60mm長くなります。こち
らはちょっと胴長な印象になり、少しスポーティーさを損なっています。

しかしフォルムは綺麗ですね。クーペもですが前後のフェンダーをなだらかに
繋ぐラインが他のモデルとの違いです。サイドのラインにこうした起伏を入れ
るのは他のアウディではありません。A5/S5がちょっとクラシカルでエレガント
に感じるのはこの曲線的なラインによるものです。

全長×全幅×全高=4730×1855×1390mm/ホイールベース=2810mmと言うサイ
ズも実用的です。



内装★★★☆

内装の品質感はアウディの得意とするところです。もちろんこのS5にもそれは
当てはまります。シートは他のモデルと違ってサポートの深いものとなってい
るので、ちょっと乗り降りには不利です。

試乗車は左ハンドルだったので問題ありませんでしたが、右のS5はアウディの
常でフロアトンネルの張り出しが大きく左足が窮屈です。まあSトロなのでさ
ほど問題は無いと思いますが。

リアシートはホイールベースの延長が効いてレッグスペースは十分です。ヘッ
ドクリアランスもミニマムではありますが問題ありません。

ちょっと残念なのはインパネやシートなど全てのデザインがオーソドックスに
過ぎないかということです。アウディ全般にそうなのですが、そろそろ飽きて
きた感じです。それでも質感が高いのでちゃんとクラシックとして成立してい
るのは大したものなのですが。


エンジン・ミッション★★★★

アイドリング時のエンジンはとても静かですね。排気音の演出の方が気になり
ます。ちょっと低い音ですね。スーパーチャージャーの音はまったくありませ
ん。しかし回してもM3のように突き抜ける感もありません。

音はV8のNA時代の方が良かったですね。より高回転型で回せば乾いたスポーテ
ィーな音が鳴りましたが、このV6はちょっと演出された人工的な感じがありま
す。ダイナミックモードではコーナーのアプローチで強めにブレーキングする
と自動でシフトダウンしてブリッピングしてくれます。中ブカシも綺麗に決ま
ります。またフルストロットルからフッっと負荷を抜いてやると「ボボボッ」
っとバックファイアー気味の音がしたり、なかなか頑張ってはいます。しかし
マグロでは無いですがやはり天然ものには敵わないということで。

トルク特性も中速重視のタイプですね。アウディ ドライブセレクトをダイナ
ミックにしてやりスロットルを深く踏み込むと7速の Sトロニックトランスミ
ッションが間髪入れずにキックダウンして迫力のある排気音と共にスーパーチ
ャージャー特有のトルクフルでリニアな加速をみせます。44.9kgmと言う強力
なトルクを2900-5300rpmという広い領域で発生するのであらゆる場面で自在
の加速を展開します。ただやはりトップエンドへの高揚感がないは残念です。

ただパワートレインのマナーも完璧でスタートのスムーズさもいいですし、
アイドリングストップも国産車並にスムーズです。特にSトロの素早いシフト
アップは相変わらず見事です。ストンストンと綺麗に回転が落ちてゆく様は
圧倒的な機械的洗練の素晴らしさを感じさせてくれます。このタコメーター
の動きを見ると全てのトルコンATがなんともダルに感じます。


足回り★★★★

乗り心地は乗用車的に快適です。つまり直接的なショックは一切ありません。
路面との間にラバーを張ったと言うか、湿った系の乗り味ですね。

しかし、ここもM3のような軽快さやソリッドな感じはありません。好みもあ
りますがスポーツ系のクルマとしてどちらが好ましいかと言えばスッキリし
たM3の乗り心地でしょう。

ステアリングフィールも同じです。S5はギア比可変ステアリングのせいもあ
って、ここもシュアなM3と比べるとやや人工的なステアリングフィールです。
特に直進の出し方はアシストがはっきりと伝わるほどです。

ハンドリングは扱いやすいですね。アウディドライブセレクトを「AUTO」や
「COMFORT」から「DYNAMIC」に切り換えると、ステアリングも少し重めで且
つしっとりとした手応えになります。足は俄然剛性感を増します。限界は驚
くほど高く、ミシュランのパイロットスポーツはかのステアリングからでさ
え限界も良く伝えます。ステア特性は優れた重量配分からかなりの次元まで
ニュートラルです。
 
駆動力は基本F:40 R:60ですから踏み込めばリアが張り出す感じもあります
し、ターンインの仕方でノーズをインに向けることも容易いです。

もちろんクーペよりもホイールベースが60mm長く車重も60kg重いことがネガ
になっていないと言えば嘘になりますが、それはかなり高い次元での話です。


総評★★★★

一般道でバトルをすればこのクルマに勝るクルマは多くないです。それは相
手がM3もそうです。しかしクアトロの安定感に勝るものはありません。低中
速型のエンジン特性も有利でしょう。

ただ気持ち良さという点ではM3に分があります。M3は高回転まで吹け上がる
気持ちのいいエンジンとソリッドなステアリング&シャーシがあります。

まあM3に対してはRS5を持ってこないと不公平になるでしょう。RS5なら好み
の問題の範囲になります。エンジンはNAのV8 4.2となり、より高回転型で
シャープなユニットになります。安定志向のシャーシはS5と同じですが、ア
ベレージドライバーにとってクアトロの安定性は絶大なアドバンテージです。

そう考えるとM3よりかなり相場の安いNAのV8 4.2を積んだ中古のS5は狙い目
かもしれません。

今のS5(特にスポーツバック)はスポーツカーというより、スポーティーな
高速実用車ですね。正直言ってS5を返却して自分のS8に乗り換えた瞬間、や
っぱりこっちの方が楽しいなと思いました。それはアルミの相対的に軽いボ
ディだったり、NAの軽い吹け上がりだったり自然なステアリングだったり・・
と言う事です。S5に乗る前はなかなか絶妙なサイズ感にちょっと浮気心が起
こったらどうしようかと思ったものですがどうやら杞憂に終わったようです。


S5スポーツバック:全長×全幅×全高=4730×1855×1390mm/ホイールベー
ス=2810mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスー
バーチャージャー付き(333ps/5500-6500rpm、44.9kgm/2900-5300rpm)/価
格=872万円


(※この記事は2013年1月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約
1年遅れで配信しています。)


●次号無料版は「メルセデスベンツA180ブルーエフィシェンシー」
“絶品の足が帰ってきた!”の予定です。お楽しみに!


以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/361-3616672b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。