FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 フォード・フィエスタ1.0エコブースト

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.146は
「試乗 フォード・フィエスタ1.0エコブースト」
“日本のリッターカーがおもちゃに見える?“


1901441_610939385627211_1326030571_n.jpg
2月1日に発売されたばかりのフィエスタに乗ってきました。日本では10年ぶりの新型デビューということでディーラーは盛況でしたね。まあ販売拠点が少ないので集中するということもありますが、フォードの試乗で待ち時間があるのは珍しいです。

1922144_610939418960541_832059901_n.jpg
このクルマのハイライトはエンジンです。ココは驚きの仕上がりです。まあエクスプローラーの2リッターのエコブーストの仕上がりの良さからある程度予想はしていましたが、3気筒1リッターでこれほど優れたドライバビリティーを持つエンジンを私は他に知りません。

流石は「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を2年連続(2012年、2013年)で獲得しただけの事はあります。どうやらフォードはエコターボのセット を完璧にマスターしたようです。

フィールは言われなければ3気筒と気づかないほどスムーズです。確かにプロが注力すれば気付きますが、それもむしろ程よく心地よい振動で力強さもあって全く嫌で はありません。音も安っぽさはなく適度にビートを刻む感じはスポーティーですらあります。

1780900_610938175627332_749005184_n.jpg
この乗り味は明らかにクラスを超えたものです。この乗り味を知ると本当にほとんどすべての国産の同クラスはおもちゃのように感じるのではないでしょうか?・・


以下、気になった方は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「BMW428iクーペMスポーツ」
“乗り味で勝負するクルマ”



今週の無料版は
「BMW X3 xDrive20dブルーパフォーマンス」
“値段の割りに高級感に欠ける?"

1620697_610942882293528_2008347764_n.jpg

BMWはあっという間に日本にもディーゼルのラインナップを揃えてきましたね。
セダンの3・5シリーズ、そしてこのX3にX5シリーズと計4車種になりました。

ディーゼル・モデルでは日本に1番のりだったメルセデスが未だにEクラスだけな
のと比べ随分と積極的です。

それはメルセデスが排ガス処理に高価でメンテナンスも必要なアドブルーという
尿素とSCR触媒に頼っているのに対し、BMWはより安価で簡素なシステムを持って
いるからでしょう。

BMWはトヨタにディーゼル技術を売るだけあって排ガス処理も流石に先進的です。
BMWでは排出ガス中のNOx(窒素酸化物)処理には、尿素SCRシステムではなく、NOx
トラップ触媒で完結させています。これは安価なのでモデルの幅も広げやすいです
ね。実際、価格差はガソリンモデルと比べ20万円程度で納まっています。

さてさて既に523dで試乗済みの4気筒ディーゼル・ターボですが、X3に積むとどう
なるのでしょうか?


スタイル★★★

X3も今や随分大きくなりましたね。スリーサイズは全長4648mm×全幅1881mm×
全高1661mm、2810mmのホイールベースは、3シリーズと同等。先代比では、全長
83mm、全幅28mm、全高12mm、それぞれ拡大されています。この数値は全長では
初代X5に匹敵し、全幅では上回っています。「X1」が登場したとはいえ、日本
ではコンパクトな事も魅力だっただけにちょっと残念な部分です。

スタイルも先代はライトを内側にセットし、こじんまりとまとめていましたが、
新型ではサイドと一体化して横幅を強調する一般的な手法になりました。ディメ
ンションが変わったこともありますが、先代の明快なメッセージはぼやけた感じ
です。

相対的に低めの車高などSUVなのにスマートに見せようとしている感じになって
いますね。クーペ的なX1と正統的なX5に挟まれているからでしょうか?少し中途
半端な印象です。


内装★★

内装は新型3シリーズと比べるとかなり見劣りする部分です。ナビ画面の小ささ
やダッシュボードの質感もですが、平坦なメーターも上級グレードにはあるシル
バーのリングが省かれていることもあってかなり貧弱な感じです。

内装色が黒でシートのデザインもいつもの(少し古い)BMWそのものだった事も
あまりいい印象をもてなかった要因でしょう。デザイン自体もちょっと飽きたの
か古く感じてしまいます。

まだデビューから2年ほどしかたっていないX3ですが、どうもSUVに乗るという
ワクワク感に欠けるのです。ドイツ車の生真面目な部分が悪い方に出てしまった
感じです。白のレザーなどの仕様であれば少し明るい印象になるかと思いますが、
もう少しフレッシュで華やかな印象を与えて欲しいものです。

シートのフィッティングも物足りません。サポートが足りないと言うより普通に
座った時の落ち着きと言うか微妙なのですが、セダンの3や5では気にならなかっ
た何かが足りないのです。


エンジン★★★★

このエンジンはやはりいいですね!セダンの523dは1760kgですからこのX3では
逆に110kgほど重くなっていますが、この程度はもろともしないトルクがありま
す。

スタート時はアイドリングはディーゼル特有の「コロコロ」音が少し気になりま
す。このあたりはセダンの3シリーズの方が静かですね。

しかし、走り始めると音が気にならなくなるのもセダンと同様です。それよりも
軽くアクセルを踏むだけで力強く加速する力強さの方が印象的です。6気筒とな
るX5のディーゼルとまではいきませんが、X3のボディには十分なパワーです。

ミッションはお馴染みの8速ATですが、これも相変わらずいい仕事をしますね。
ショックはほぼ皆無で効率的なシフトアップをします。ただ1シリーズや3シ
リーズのように電光石火とまではいきませんが、これはSUVという性格上仕方な
いでしょう。

このエンジンは最新のコモンレール直噴システムに、回転数に応じて過給圧を
制御する可変ジオメトリー・ターボチャージャー(VGターボ)の組み合わせで
す。ちなみにアウトプットは、最高出力184ps/4000rpm、最大トルク38.7kgm/
1750-2750rpmです。これは「X3 xDrive20i」の2リッター直4ターボが、最高出
力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250-4500rpmですから、パワーでは全く
同じ、トルクではこちらの20dの方が11.2kgmも圧倒します。さらに上級モデル
「28i」(2リッター直4ターボ搭載)と比べても、その最大トルク35.7kgmを
3.0kgm上回っています。

アイドリングストップからの再始動もディーゼルエンジンとは思えないほど素
早いですね。ただエンジンが掛かった瞬間に僅かなショックがあります。ここ
もセダンの3シリーズと比べそのショックが僅かに大きいのは残念です。

そして燃費はJC08モードのカタログ燃費を見ると、20dが18.6km/リッター、20i
が13.4km/リッターですからスペックだけを見たらディーゼルを選ばない手はな
いですね。価格もガソリンの20iが541万円なのに対し、ディーゼルの20dは23万
円高に抑えられた564万円と、なかなか魅力的な設定です。


足回り★★★☆

乗り心地はいいですね。今のBMWにランフラットの心配は無用です。先代の固さ
はすっかり取れています。フラットな感じは薄いですが、直接的なショックは
全く感じません。

試乗車のタイヤは標準サイズの225/60R17でした。Mスポーツパッケージではひ
と回り大きな245/50R18が装着されます。また、オプションでは245/45R19(前)、
275/40R19(後)というセットもあります。

一方、ハンドリングはX1あたりと比べると随分SUVっぽさが残っていますね。横
方向には意外にも緩い感じです。少しビシッとしないというか、街中では落ち
着きがない感じです。

しかし、これが飛ばすと不思議に収まってきます。高速道路では高い車高もあっ
てなかなかゆったりとした気分で安心したドライブが出来ます。このあたりは
流石にBMWだなあと思う部分です。


総評★★★

SUVにディーゼルの組み合わせは魅力的ですが、X3はちょっと中途半端に感じま
した。微妙に上級移行したサイズとキャラのせいでしょうか。この価格ならはっ
きり言ってQ5の方がいいですね。

BMWの贅沢さとスポーティーさを併せ持つ性能を期待するならX5まで行かなくて
はなりません。またこのクラスのSUVにはイヴォークという尖がった強敵もいま
すし、フォードのエクスプローラーやクーガも乗り味では全く負けていません。

今回はディーゼルであると言う事以外にX3を選ぶ理由はないと感じました。


【スペック】全長×全幅×全高=4660×1900×1675mm/ホイールベース=2810mm
/車重=1870kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ
(184ps/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpm)/燃費=18.6km/リッター(JC08モード)
/価格=564万円


(※この記事は2013年3月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約
1年遅れで配信しています。)


●次号無料版「ジャガーXJ2.0ラグジュアリー」
“デビュー時の欠点が直っていない?”
の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

「試乗オヤジ」のマネージャーです。ご協力お願いします。ペコリ 

試乗オヤジのマネージャーです。


↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/368-de9645af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。