TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 フォード・エコスポーツ・タイタニアム

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.161は
「試乗 フォード・エコスポーツ・タイタニアム」
“ブサかわ系だけど実力は一級品”


fia11.jpg
すみません、予告ではBMW i3の予定でしたが、
都合でエコスポーツを先にしました。

最近世界的にヒットしているBセグSUVです。
既にレポートしたルノー・キャプチャーやプジョー2008のライバルですね。

スタイルはごらんの通り、ブサかわ系です。
車高が高くコロリとした感じがアライグマのような可愛らしさ?
トヨタ/ダイハツのラッシュ/ビーゴあたりを彷彿とさせるシルエットです。

fia12.jpg
エンジンは少し残念な部分です。
つまり日本に導入されるのは自然吸気の1.5リッター直4エンジン搭載車のみなのですね。
確かに普通の仕事はしますが、スタート時に少しトルクが薄く急ぐとかなり回転が上がります。

海外では1リッターのターボエンジンや1.5リッターディーゼルエンジン車も販売されているのですね。フィエスタの出来を知るものとしてはやはり1リッターのエコブーストを入れて欲しかったというのが本音です。

fia13.jpg
足はは流石ですね。
とにかく最近のフォードの出来の良さは尋常ではありません。
フォードの足はどれも本当に外しません。

とにかくこの車高の割にはボディが左右に揺れません。
実にフラット感が高く飛ばせば飛ばすほど安定して懐が深くなってゆく感じは、フィエスタ&フォーカス系と共通する美点です。

乗り心地も大きなうねりを面白いほど上手く吸収します。ステアリングも自然です。
FFですがこの程度のパワーならトルクステアも無く路面の情報だけを上手く伝えてきます・・。

以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「BMW i3」
“今乗れる未来”です。お楽しみに!


今週の無料版は
「フィアット・パンダ Easy」
”これは楽しい実用車!”

fi2.jpg
今回で3世代目ですね。初代は1979年、G・ジウジアーロのシンプルで機能的なデザイ
ンによって愛すべき国民車の地位を築きました。2代目のパンダもデビュー年(2003
年)の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。

結論から言って今回も出来はいいですね。そして楽しい!


スタイル★★★★☆

パンダの伝統に沿って直線基調なのですが、角が丸められています。今回のモチー
フはシルエットからグリル・ステアリングといったディテールまで、“丸みを帯びた
四角”、フィアットではこれを「スクワークル」(「スクエア」+「サークル」の造
語で、丸みを帯びた四角という意味)で表現しています。

これによってちょっとボリュームがあって大きく見えますね。でも実際にはそれほど
大きくなっていません。全長×全幅×全高=3655×1645×1550mm/ホイールベース:
2300mmというサイズは旧型の全長×全幅×全高=3580×1605×1520mm/ホイールベー
ス=2300mmと比べそれほど大きくなったというわけではありません。

でもこのボリュームは安心感があっていいと思います。視点が高い事もあって小型車
につき物の不安感はありません。

またパンダといえばリアクオーターウィンドウが特徴ですが、今回も小さな窓はしっ
かりと残されています。スクエアなシルエットながら、Cd値も0.32とまあまあ優秀な
数値を持っています。とにかく小型車に不可欠な可愛らしさをしっかりと持っている
上に、500と違って男性が乗ってもさほど気になりません。カラーも魅力的な色が揃
っています。


内装★★★★★

ココも文句なしに楽しいですね。外観同様に「スクワークル」コンセプトで統一され、
ステアリングまでも一見四角く見えるという凝った作りです。

シートのカラーもいいですね。ダークグレー×サンドベージュのツートンカラーです
が、背もたれにはお洒落なドット模様が付けられていたり、インパネやドアトリムに
は小さく「PANDA」のロゴが隠しキャラのようにちりばめられていたり、とにかく遊
び心が感じられます。そしてそれがことごとくセンスがいいので子供っぽくも安っぽ
くもなっていないのが流石です。

前席は広くなりましたね。30mm高くなった車高も利いているのが、見晴らしも良くと
てもこのサイズの小型車に乗っている感じではありません。

リアもどうにか座れます。広くはありませんがヘッドクリアランスも含めどこも当た
らないのは流石に実用車です。


エンジン・ミッション★★★★

ツインエアはいつ乗っても楽しく、そしてパワフルです。もう趣味的な小型車には
これ以上無いといっていいほど魅力的なユニットですね。

最高出力85ps/5500rpm、最大トルク14.8kgm/1900rpm(エコモード時は77ps、10.2kgm)
というパワーですが額面以上にパワフルに感じます。車両重量が1070kgと軽いのもいい
ですね。

ミッションはシングルクラッチの5段ロボタイズドMT、つまりデュアロジックですから
シフトアップ時(特に1-2)のタイムラグの収束にはコツが必要ですが、それもこのエ
ンジンとの組み合わせなら楽しみに変わるほどです。

エンジンは2気筒としては驚くほど静かでスムーズです。そう感じます。つまりメリハ
リがあるのです。トコトコと(楽しい)振動を感じる領域があるかと思えば、アイド
リングやパーシャルでは意外にスムーズだったり、またパワーも回せばバリバリと非
常に元気が良かったりでそのギャップが楽しく、そして操っている感覚が得られます。

もちろんアイドルストップも付きますし、燃費もいいです。マネージメントも高度で
その実、スペックはかなりのハイテクです。例えば排気バルブは通常通りカムシャフ
トで開閉しますが、吸気バルブはカムシャフトではなく、油圧で開閉をコントロール
する「マルチエア」というシステムです(その油圧は排気バルブ用カムシャフトの別
のカム山によって発生させる)。アルファのMiToなどにも使われている最先端の制御
です。

最近のこのクラスの小型車はロスを減らす為にマーチやミラージュ、プジョーなど4気
筒から3気筒へシフトしていますが、他社は2気筒の振動を恐れているようですね。フ
ィアットのように振動を楽しさと捕らえて魅力的な商品へ昇華する手腕はやはり大し
たものだと思います。


足回り★★★★

ココもいいですね!かっちりとした500よりもふんわりと柔らかくリズムがゆったり
としています。当たりはやさしく乗り心地はとてもいいです。確かに揺れと言う意味
では細かなピッチングなども取れていませんが、それも楽しく感じます。

型式はフロントがストラット、リアがトーションビーム式とオーソドックスですが、
1550mmという車高の割には重心が低く感じられて安心できます。

ステアリングの手応えも自然なものなので飛ばしても安心感があります。限界が高
くないので多少流れてもすぐに収束します。またその時のグリップの戻りもスムー
ズなので、よほど変なアングルが付いていない限り“とっちらかる”事もありません。

つまり良きイタリア車の伝統通りのハンドリングと乗り心地です。


総評★★★★☆

それにしてもこのスタイルと乗り味はイタリア車ならではの楽しさです。フランス車
はもう少し重いと言うか深いと言うか考えさせられるところもありますが、パンダの
乗り味は軽快でもっとあっけらかんとしています。

こんな楽しい国民車が日本から消えて久しいですね!昔は初代シビックやスバル360
などデザインもユニークで機能的にも革新的な大衆車が日本にもあったものですが。

こういうクルマを見ると本当に羨ましくなります。逆に日本の自動車文化は衰退して
いるのではないかと感じます。どんどんシロモノ家電に近づく日本車と個性を色々な
形で楽しみ競い合う輸入車ではもう趣味的な部分では勝負になりません。日本車が勝
てるのは燃費や静粛性など数字で表せる部分だけで、その他デザインや手に触れる部
分の感触や乗り心地などほとんど部分で負けているのではないでしょうか?

こうしたパンダの価値に意外と早く気付くのはもしかしたら女性やユニセックス化し
た若者かもしれません。208万という価格は国産車とも勝負できます。今度こそスマ
ッシュヒットの予感がするのですがいかがでしょうか?


【スペック】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3655×1645×1550mm/ホイールベ
ース:2300mm/車重:1070kg/駆動方式:FF/エンジン:0.9リッター直2 SOHC 8バルブ
ターボ/トランスミッション:5段AT/最高出力:85ps(63kW)/5500rpm/最大トルク:
14.8kgm(145Nm)/1900rpm/タイヤ:(前)185/55R15/(後)185/55R15(グッドイ
ヤー・エフィシエントグリップ)/燃費:18.4km/リッター(JC08モード)/価格:208
万円


(※この記事は2013年7月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約
1年遅れで配信しています。)


●次号無料版「フィアット・パンダ Easy」
”楽しい実用車”の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

パンダかぁ。いいなとは思うんですけど、どうしてもイタ車のイメージが邪魔します・・・。

  • 2014/06/02(月) 20:52:52 |
  • URL |
  • masagorira #-
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

> パンダかぁ。いいなとは思うんですけど、どうしてもイタ車のイメージが邪魔します・・・。

今のイタ車いいですよ!
是非試乗してみて下さい^^

  • 2014/06/09(月) 19:09:52 |
  • URL |
  • 試乗オヤジ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/385-87efb9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。