FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 フェラーリ458スパイダー

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.163は
「フェラーリ458スパイダー」
“この快感は世界中のいくつかの宗教団体で禁止レベルです“

fera122.jpg

さてさて先週告知した通り久々のフェラーリです。Vol.100号記念のF12ベルリネッタ以来ですから1年3か月ぶりのフェラーリですね。

そして、今回はフェラーリの今やメインともいえる458のスパイダーです。少し遅れて出たこともあってかこのスパイダーの方がよく売れているそうです。

fera133.jpg

しかも、試乗車の色は白で内装は赤!そうあのネット長者だった与沢翼氏の元愛車であり、その話題をもとにした闇金ウシジマくんにも登場するカラーですね。

fera111.jpg

今回の最大の驚きがこの部分です。トップを閉めて走ったこともありますが、F430比15%アップというボディ剛性はスパイダーでも圧倒的で乗り心地は素晴らしく快適です。

ガヤルドとの差はこの部分でしょう。モードをどの部分にしていても直接的なショックは一切なく、下手な乗用車よりも快適です。バランスがいいのか1年前に乗ったF12ベルリネッタよりもフラットで快適だと感じました。とにかくこれまで乗ったスーパースポーツでこれほどソフト?で快適な乗り心地は経験したことがありません・・。

以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「マセラティ・クワトロポルテGTS」
“ちょっと色気が無くなった?"です。お楽しみに!


今週の無料版は
「アバルト695 エディツィオーネ マセラティ」
“イタリアにしか作れない贅沢なオモチャ”

aba11.jpg

2年前のアバルト695トリブート フェラーリ(569.5万・限定1696台)に続いて第2弾
とも言うべきコラボモデル、アバルト695 エディツィオーネ マセラティに乗ってき
ました。

今回は世界限定499台中100台がなんと日本に割り当てられるといいますが、既にほぼ
完売状態とか!

アバルトは以前にこのメルマガでもVol.97で500・5MT(135ps)と595ツーリズモ・
5AT(160ps)をお伝えしましたが、今回はフェラーリ版と同じ(180ps)のハイスペ
ックです。しかも課題のシングルクラッチのシーケンシャル5ATのシフトスピードも
大幅に速められているというではありませんか!価格もフェラーリ版には無い電動
のキャンバストップを備え499万!まあ高いと言えば高いですが、マニアにとっては
なかなか魅力的な1台です。


スタイル★★★★☆

ココは文句なしです。ノーマルでも500の可愛らしさをそのままに、しかしさらにス
ポーティー且つ高級なスパイスを効かせた見事なものです。

カラーはマセラティと同じ3層メタリック塗装“ポンテヴェッキオ・ボルドー”1色で
す。ポンテヴェッキオはご存知の通りイタリアにある橋の名前ですね。大阪ではイタ
リアンレストランや心斎橋にある宝石屋さんの名前としても有名です。

ホイールも専用品です。デザインはマセラティのエンブレムであるトライデント(三
叉の銛)をモチーフとしたものでなかなかカッコイイです。タイヤサイズは前後とも
205/40R17。284mmのブレーキディスクやグレーのブレンボ製ブレーキキャリパーが覗
くのもそそります。

とにかく全体のアレンジ加減が絶妙で見事に大人の男が乗っても恥ずかしくない趣味
車に仕上げられています。ちょっとドレスアップして生意気な感じが、しかし微笑ま
しいというか、憎めない感じです。

国産車はコレが下手なのですね。日本車の場合、小さいクルマで頑張っちゃうとどう
しても子供っぽくなってとてもいい大人が乗れた代物ではない感じになってしまうの
ですが、流石に多くのブランドをコントロールしているフィアットのさじ加減は見事
です。


内装★★★★★

ココもマセラティと同じ材質というサンドベージュのレザーシートが大人っぽさを演
出します。

オーディオは9個のスピーカーを備えたJBLのオーディオシステム(400W)が装着され
ています。このあたりも走りに特化したフェラーリ版よりもラグジュアリーなマセラテ
ィの特長です。

それにしてもこの本物の質感はサイズの枠を超えています。この内装をみると500万が
高くないと感じてしまいます。こんなクルマは日本にはありません。世界的にもアスト
ン・マーティン シグネットぐらいでしょうか。


エンジン・ミッション★★★★☆

アバルトのエンジンは全て楽しいですがこの695は流石に強力ですね。高速で一気に引
っ張るシャープさはちょっとこのサイズでは他にライバルが思い当たりません。

エンジンは1.4リッター直4ターボ。ギャレット製1446を備え、「トリブート フェラー
リ」と同じ180psと25.5kgmを発生します。

サウンドは重低音で迫力のある音です。これはアバルトお得意の2ウェイバルブを採用
したエキゾーストシステム「レコードモンツァ」よるものです。流石に本家のマセラテ
ィのように色気のある高音のマルチサウンドを謳うわけではありませんが、アバルトの
中では1番のハイチューンですから痛快なサウンドを響かせます。それはほぼフルオープ
ンになるキャンバストップをオープンにするといっそう楽しめます。

また今回いいなと思ったのは、低速ではアクセルをラフに扱ってもギクシャクしない事
ですね。これは大きなターボを与えた事で低速トルクが無くなっていることの裏返しで
もあるのですが、街乗りでまったく気を使うことなく乗れます。

そして件のシングルクラッチ・ミッションもこの種の中で1番スポーティーに感じました。
タイムラグはスポーツモードで回している限りほぼ気になりません。それどころかブレー
キングやシフトダウンの度に“フォンフォン”と綺麗にブリッピングを入れてくれるあた
りはなかなか楽しいし見事だと感じました。


足回り★★★★

乗り心地も大人っぽいですね。ボディは十分にしっかりとしていて、路面からのショック
や振動がハーシュネスとして残ることはありません。硬いながらも実にしなやかで高級感
に溢れています。このあたりはマセラティの乗り味を意識しての事でしょう。ノーマルも
良かったですが、飛ばせばアバルトの中で一番快適です。ゆっくり乗っても595よりも快適
なほどです。

足はコニのショックアブソーバーと、ブレンボの4ピストンブレーキキャリパー(前輪)、
およびドリルドベンチレーテッドディスクで固められています。ブレーキのフィールも素
晴らしいですね。がっちりとしていてキャパも十分、信頼に足るものです。

そしてハンドリングですが、トリッキーな面が無いので安心して飛ばせます。確かにステア
リングのレシオは早いですが、足はもっとシャープでもいいと感じたぐらいです。乗り心地
がいいので丸く感じるだけかもしれませんが。。



総評★★★★☆

今年に乗ったクルマの中で1番欲しいと感じたクルマですね。ブランドビジネスと分かっちゃ
いるけど欲しい!

だって、乗って楽しい、見て楽しい、所有して嬉しい!こういうクルマはなかなかありそう
でありません。しかも屋根も開く!

このクルマの相棒はマセラティである必要はありません。例えばレンジローバーと2台持ちと
か最高じゃないですか? 

それにしてもこういう趣味性の高いクルマをさらりと作れるのがフィアットグループの凄い
ところですね。次はランチアかアルファとのコラボもやるのでしょうか?どんな乗り味にな
るのか?クルマ好きとしては楽しいクルマを出してくれるのは大歓迎です。


【スペック】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3655×1625×1505mm/ホイールベース:23
00mm/車重:1160kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランス
ミッション:5段AT/最高出力:180ps(132kW)/5500rpm/最大トルク:25.5kgm(250Nm)/3000r
pm/タイヤ:(前)205/40ZR17 84W/(後)205/40ZR17(ミシュラン・パイロット エグザルト)
/燃費:--km/リッター(JC08モード)/価格:499万円

(※この記事は2013年7月に書いたものです。有料版の記事の一部を加筆訂正し約
1年遅れで配信しています。)


●次号無料版「メルセデスベンツC 250 Blue EFFICIENCY Coupe」
“もしや最良のCクラス”の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/387-caa0128b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。