FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 ベントレー・フライングスパー V8 足のセットに疑問アリ?

「試乗 ベントレーフライングスパーV8
“足のセットに疑問アリ?”


ben13.jpg
ベントレーに乗るのはVol.72のコンチネンタルGT以来ですから、
約2年ぶりです。

今回はベントレーの主力セダン、フライングスパーV8版が
今年の5月30日に追加されたというので早速乗ってきました。

ben14.jpg
従来、ベントレーの内装はずば抜けていて、
それだけでSクラスではなくベントレーを選ぶ理由になりました。

新型も基本的には変わりないのですが、
2年前に乗ったコンチネンタルGTと比べ、
僅かにコストダウンの影が伺えます。


ben11.jpg
サスはこのマイナーで最大の中国市場を意識して
かなり柔らかくされました。
これがちょっと気になるポイントです。

背の高さもありますが前回のコンチネンタルGTでは気にならなかった
揺れがこのフライングスパーには終始付きまといます。

交差点はもちろん、僅かな路面の不正にもローリング方向の揺れが残ります。
この性格は基本的にモードを変えても改善されません・・。



以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「レヴォーグ1.6GT-S」
“足は締まっているけど"です。お楽しみに!


今週の無料版は
「ジャガーFタイプV6」
“これは楽しい!”

jagu12.jpg


Eタイプ(1961年登場)以来の本格的なスポーツカーですね。XKはラクジュア
リークーペですからジャガーはそういえば約40年もスポーツカーを作っていな
かったのですね。

そりゃー気合が入るわけです。その気合はマフラーの爆音に現われていますね。
試乗車はポルシェの「スポーツエグゾースト」のようなオプション「アクティ
ブエグゾーストシステム」が付いていたのでなおさら楽しかったで・・。


スタイル★★★★☆

「2013年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しましたね。
ちなみに2位がアストンマーチン・ヴァンキッシュ、3位はマツダ・アテンザで
すね。

デザイン・ディレクターはもちろんEタイプのマルコム・セイヤーではなく、
ご存知イアン・カラム氏率いるデザインチームのアリスター・ウェラン氏。
彼は元アウディにいた若手ですね。Fタイプはコンセプトカー「C-X16」の市
販モデルにあたりますが、元がクーペだったのに対し、量産型はオープンカ
ーとしてデビューしました。

全長×全幅×全高=4470×1932×1307mm/ホイールベース:2622mmは堂々たる
体躯です。ちなみに同じオープンのボクスターが全長×全幅×全高=4374×
1801×1282mm/ホイールベース=2475mmですからクラスが違いますね。

ボリュームのあるフロントは古典的なオープンFRの法則通りでロングノーズ
・ショートデッキスタイルです。大きく口を開けたグリルはXKとも類似性を
感じますが、全体的にはずっと引き締まって筋肉質な印象です。ボンネット
フードはEタイプに習ってフロントフェンダーと一体式。ライトは流行の縦
長でちょっとフェラーリF12ベルリネッタかカルフォルニアのようにも見え
ます。

フロントと対照的にリアは薄いテールで近代的にまとめられています。これ
はもちろんEタイプをモチーフにしています。Eと同様に尻下がりなので、ト
ランクリッドの後端には100km/h以上でリフトする可動式のスポイラーを備
えています(揚力を最大120kg低減する)。

ちなみにドアハンドルはテスラなどと同様に普段はフルコンシールドでロッ
クを外すと飛び出すタイプです。ちなみにこのV6モデルとV8モデルの外観上
の差はリアのテールパイプがV6はセンター2本出しに対しV8は左右2本ずつに
なる事が最大の見分けポイントです。

内装★★★★☆

内装も新しいです。ジャガーのアイコンともいえるウッドは意識的に排除
され、シフトもダイヤル式ではなくバイワイアーですがスタンダードなフ
ロア式となっています。このあたりは伝統に囚われることなくモダンなス
ポーツカーを目指した現われでしょう。

センターコンソールもドライバーオリエンテッドにオフセットされていま
す。現代のクルマらしく中央のカラーモニターで多くをコントロールしま
すが、ダンパーやマフラーなど走行マネジメントの切り替えについてはダ
イレクトにシフトレバー脇のスイッチで行えるなど、スポーツカーらしい
機能性は確保しているのは流石です。

キャンバス製ルーフは12秒で開閉する。時速50km/hまでなら走行中でも操
作できます。全長を絞ったリアルスポーツ&オープンゆえトランクルーム
の容量は200.5リッターと最小です。シート背後に荷物を置くだけのスペ
ースは残っていません。このあたりはミッドシップのボクスターに敵いま
せん。

ただフロントシートは十分に広くポジションの自由度は高いです。残念な
のはステアリングパドルのタッチですね。ゴールドアルマイト塗装のパド
ルが添えられますがこのタッチが多少節度に欠けるのです。

一方いいのは高級車メーカーらしくシートのカラーバリエーションなどオ
プションが豊富な事です。望めばダッシュに本皮を張るなど豪華な仕様に
も出来ます。


エンジン・ミッション★★★★☆

ここのチューニングは驚きましたね。ノーマルでこれほど派手な排気音の
演出はポルシェ以上です。フェラーリやランボ、アストンに匹敵します。

試乗したのは340psの3リッターV6スーパーチャージャーですが、基本「XJ」
や「XF」のセダンと同じエンジンとは思えないほど過激なフィールとなっ
ています。

つまりエンジンに火を入れると、瞬間に「バァーン」と吼えてみせます。
急加速時には弾けるようなレスポンスと共にバイパスバルブが開き後方か
らは歯切れのいいブリティシュスポーツ特有の少し低音で図太く迫力ある
爆音が炸裂します。また勢いよくスロットルを閉じた時もバラバラパンパ
ンという、昔のハイチューンエンジンのアフターファイアのような演出ま
で施されています。

これは試乗したFタイプのマフラーにはサウンドコントロール用のオプショ
ンが(V6で36万円)がオンになっていたためですが、試しにこれをオフにし
ても嬉しい事に基本的な性格は変わりませんでした。ボリュームが少し抑
えられるのと擬似バックファイアーが消えるぐらいです。この程よく官能
的なフィールはジャガーではFタイプだけのものです。

もちろん音だけではなく実際の動力性能も十分です。ちなみにこのV6で
最高速は260km/h、0-100km/h加速が5.3秒とアナウンスされています。こ
の上には495psのV8スーパーチャージャー(1250万)もあります。雑誌に
よるとその演出はさらに過激だそうです。ミッションは定評のあるZFの8
速ATですね。これもトルコンとしては驚くべきタイト感とシフトスピー
ドで不満を感じません。あとはATモードでのブリッピングがあれば完璧
なのです。

とにかくこのエンジンはリアルスポーツそのものですね。低回転から高
回転まであらゆる回転で表情を変えます。内燃機関を操る喜びがここに
あります。もちろん現代のクルマですからアイドルストップも付きます
しCO2排出量は前者で209g/kmと優秀です。


足回り★★★★☆

乗り心地はジャガーとしてはかなり固めですが、荒さはまるで無く快適
です。それは第4世代という全く新しいアルミモノコック・シャシーによ
るところも大きいでしょう。オープンボディーながらその剛性はボクス
ターにも遜色ないと感じました。

ハンドリングもシャープですね。重量配分も50:50と理想的でステア特
性はニュートラルですが、ハイパワーFRですから踏むとテールハッピー
になります。足をスポーツモードにして固めると乗り心地はいっそう引
き締まり(荒くはなりません)テールスライドを許します。このあたり
の性格は腕のあるドライバーには楽しめるのではないでしょうか?

またステアリングも少し重めのセット(特にV8)でスポーツカーらしく
正確でダイレクトなインフォメーションを持ちます。飛ばすほどにボデ
ィーが小さく感じられるのは素性の良さに他なりません。


総評★★★★☆

オープン2シーターのリアルスポーツというカテゴリーでのライバルはポ
ルシェ「ボクスター」、BMW 「Z4 sDrive35is」、メルセデス・ベンツ
「SLK55 AMG」、シボレー「コルベット・スティングレイ」などもライバ
ルで、さらに高価ですがアストンマーチン「V8 ヴァンテージ」やアウデ
ィ「R8スパイダー」なども入るかもしれません。

これらの中でジャガーFタイプはそのブランドゆえ流石に大人っぽい印象
をもっています。価格もボクスターには負けますが911より少し安いあた
りを狙っていますね。

楽しさで言えばZ4やAMGより上だと思います。ハンドリングではミッドシ
ップのボクスターに分がありますが、演出の楽しさと趣味性ではFタイプ
が上でしょう。なかなか魅力的なスポーツカーの登場を歓迎したいです。


【スペック】全長×全幅×全高=4470×1932×1307mm/ホイールベース:
2622mm/車重:1730kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6 DOHC 32バ
ルブターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps/6500rpm/最大
トルク: kgm/3500rpm/タイヤ:(前)245/45ZR18(後)275/40ZR18(ピ
レリPゼロ)/価格950万円

※写真は
フェイスブック:http://www.facebook.com/?ref=logo#!/sijixyouoyaji
ブログ:http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/にアップする予定です。


●次号無料版「メルセデス・ベンツE250カブリオレAMGスポーツパッケージ」
”これは大人のメルセデス!” の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。無料なのでお気軽に!

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/389-199fa36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。