FC2ブログ

TEST DRIVE 試乗オヤジのたわごと (クルマ大好き試乗オヤジの言いたい放題)

元・自動車評論家によるディーラーの試乗記。 いいクルマは動き出しの5m、交差点一つ曲がっただけで分かるもの。 これまでに乗ったクルマは1000台近くになるのではないでしょうか?自分で買ったクルマも30台以上になります。ブログだから書ける本音のインプレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗 メルセデスベンツC200アバンギャルド “久々の力作”

今回のメルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」Vol.168は
「メルセデスベンツC200アバンギャルド」
“久々の力作”

mbc12.jpg
190からCになって4代目、W205ですね。

私、190と初代は好きなのですが、203は酷かったですね。
204も度重なるマイナーでようやくというレベルのクルマでした。

それがどうしたことでしょう!

このW205のいきなりの完成度と本気度!

まあ、ライバルの3やA4の出来の良さにメルセデスとしても、
これはうかうかしていられないぞ!という事なのでしょう。

とにかくメルセデスとして久々に完成度の高いニューモデルでした。

mbc11.jpg

スポーツモードに切り替えると足が締まり、
ボディーが小さく感じます。

もともと電動としては異例にセンターの出ているステアリング
は一層手応えを増し安心感を伝えます。

このステアリングや乗り心地にメルセデスが帰ってきたという人もいます。

確かにこれまでのAやBクラスにはない伝統の味をこのCには感じます。

FRメルセデスの、正統派ラインの乗り味が久々に戻ってきたと感じます。


以下、全文は登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますのでぜひチェックしてみて下さい↓
●有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」(¥315/月)

次号は「コルベットC7 Z51」
“オープンでゆるゆる乗るのがいまだ吉”です。お楽しみに!


今週の無料版は
「フォード・クーガ・タイタニアム」
“動的欠点は、無い!”

fo21.jpg
アメ車の中で最近のフォードはちょっと一頭抜けていますね!

冒頭で述べたようにクライスラーのボイジャーもいいし、以前取り上げたキャ
デラックのATSもいい。しかしエコブーストエンジンの仕上がりと燃費、足回り
の洗練ではエクスプローラー、フォーカスそしてこのクーガを見てきて思った
のです。

最近のフォードはちょっと手が付けられないほどキテます!


スタイル★★★★

旧型クーガ(といってもすぐに思いつく人はかなりの少ない?)もイメージ的
にはアメリカンというより、欧州フォード(新型はスペイン工場の生産)とい
うこともあって、ちょっといびつな顔でどこか無国籍な感じでしたがそれは新
型でも変わりません。

ただ全体のフォルムはちょっと腰高な印象を与えていた旧型からするとぐっと
スポーティーなものになっています。数値ですが全長は105mm伸び、全幅で20mm
広がっています。また全高は5mmしか低くなっていませんが直線的で角ばった印
象から安定感が増したせいか旧型よりもずっと低く構えた印象となっています。

具体的には台形のロワーグリルやヘッドライトの上下幅は薄いものとなり、前
後フェンダーのエッジも鋭くなっています。旧型のイメージをうまく引き継ぎ
つつも現代的でシャープな印象となっています。

ちなみにアプローチアングルは22.0度でデパーチャーアングルは27.8度。空車
時の地上高は198mmと発表されています。


内装★★★★

内装も有機的で温かみがあることが全てです。シートは1脚あたり4kgほど軽
量化されていますが、サイズもたっぷりしており座り心地は上々です。サポー
トもほどほどでとてもリラックスできます。リアシートもクッションストロー
クもしっかり確保されています。

インパネは中央に「SYNC」システムのモニターとコントローラーがありそこに
は大きく「SONY」の文字があります。海外ではいまだに「SONY」ブランドの神
通力があることは嬉しいですが、機能的にはちょっとスイッチがそこだけ煩雑
な印象があります。慣れるまではちょっと使いにくそうなインターフェイスで
す。

立体的なインパネのセンターコンソールの高い位置にシフトセレクターを配置
するレイアウトは「フォーカス」と同じですね。シフトノブにマニュアルセレ
クトのスイッチが付きますがステアリングパドルが無いのも同じで、ここは少
し残念です。

ラゲッジルームの容量は5人乗車時で456リッターと十分なスペースが確保され
ています。


エンジン・ミッション★★★★

エンジンは、従来の2.5リッター直5ターボ(200ps)から1.6リッター直4ターボ
(182ps)へダウンサイジングされています。

トランスミッションはフォーカスと違ってトルコンATで5段から6段へと進化して
います。

エコブーストに共通する美点ですが、低速トルクが豊かで非常に乗りやすいです
ね。性能に全く不足はありません。フィールは旧型に比べると絶対的な力強さは
別にして遥かにフレンドリーで燃費性能にも優れます。フラットトルクで静かに
余裕をもってこの少し大きなボディを走らせます。もちろんアイドルストップ機
能など最新のスペックを備えます。

音もパーシャルではとても静かです。また回せば「ブーン」と決していい音では
ありませんが自動車らしい音で全く気になりません。むしろクルマ好きには自然
で楽しめる音になっていると思います。

「アクティブシティーストップ」などの安全装備も最新のクルマらしく充実して
います。これは時速30kmまでならば、クルマの前方の障害物を検知して、ブレー
キが掛かり、停止します。


足回り★★★★★

ここは特に素晴らしいの1語です。フォーカスに乗った時もクラスを超えたその
ソフトで豊かな乗り味に「ゴルフより好きかも」と感動しましたが、クーガの乗
り味もそのフォーカスに準じます。

旧型も乗り心地は良かったですが、新型はそれに加えさらにマイルドで優しいも
のになっています。(前)235/50R18 97V/(後)235/50R18 97Vというファット
なタイヤを完璧に履きこなしています。

今回は途中から同乗者に運転を代わってもらって、リアシートに座ってみました
が、リアでも乗り心地に大きな変化が無いのも印象的でした。リアからの音もし
っかりとチェックされていますし、揺れの絶対値もフロントにほぼ劣りません。
突き上げや振動なども見事に遮断されています。

またハンドリングも素直でバランスのいいものです。このあたりは欧州フォード
の面目躍如といったところでしょうか。とにかく動きがすっきりとしていてこの
大きさと重さのSUVとは思えないほどモッサリしたところがありません。非常に
洗練された身のこなしを見せます。

またハンドリングで利いているのはフォーカスに装備されたトルクベクタリング
コントロールが新型クーガにも装備されているからかもしれません。これはコー
ナリング時に内側前輪のブレーキを一瞬働かせることによって、アンダーステア
を抑制するデバイスです。Cセグではフォーカスに最も早く装備されましたが、
今回のクーガにも装着されています。

四輪駆動システムは、前後輪へのトルク配分を路面状況に合わせて、0%から100
%までの間で自動的に変化させるものです。通常この種のシステムはハルデック
ス製のデフを使う事が多いですがクーガのそれはフォードの内製といいます。制
御はとてもスムーズで一切音や振動を発することもありませんでしたし、インパ
ネのモニターを見る限りでは加減速やコーナーに応じて常に4輪のトルクを素早く
配分しているように見えました。


総評★★★★☆

このクラスでは文句無しの出来です。VWのティグアンも走りはいいですが、クー
ガと比べどちらが豊かな生活を感じるかといえばクーガの方です。メルセデスベ
ンツGLKやBMW X3、アウディQ3は高いしはっきりいって面白くないです。

国産のCR-Vやエクストレイルもいいですが、ちょっと勝負になりません。まあ値
段も違いますが、それ以上の満足感があると思います。走りではフォレスターと
CX-5がいい勝負ですが、デザインや質感でクーガの方が魅力的です。

それにフォードに乗っているというのはどこか自由な感じがしませんか?毎日生
活を共にするにはこんな気軽で心優しい中形犬のようなキャラの相棒がいいかな
なんて思ったりします。正直かなり気になるクルマでした。


【スペック】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4540×1840×1705mm/ホイール
ベース:2690mm/車重:1720kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16
バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:182ps(134kW)/5700rpm/最
大トルク:24.5kgm(240Nm)/1600-5000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 97V/(後)
235/50R18 97V(コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2)/燃費:9.5km/
リッター(JC08モード)/価格:385万円


●次号無料版「メルセデスベンツCLA180」
“端麗グレード?”の予定です。お楽しみに!

以下詳しくは↓
こちらは有料版の一部を約1年遅れで配信しています。
無料なのでお気軽に!
●メルマガではこのブログ以外の編集後記などのコンテンツも読めます^^

●無料版「雑誌に書けない車の通知簿」


sijixyouoyaji2011.jpg


バックナンバーもまぐまぐで購入できます↓

まぐまぐバックナンバー

まあまあ今申し込んでも今月いっぱいバックナンバー含め4号は無料で読めますからぜひ試しに、試乗じゃなかった試読してやってください。そしてツイッターでもメールでも何でもいいので感想をいただければ嬉しいです(甘口評価で)。

「雑誌に書けないクルマの通知簿」



●その他の活動です

最近力を入れているFacebookです
Facebook

メルマガ「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.htm

電子書籍「ドイツ魂Vol.1&2」Appストア&パブーで発売中!
http://www.gigas-jp.com/products/deutschespirits/

電子書籍(ヒーリング絵本)「河童のカパと静かな森」スライドショー&BGM機能付き、大人が楽しむ絵本。
http://www.gigas-jp.com/products/kapa/

ツイッター
http://twitter.com/kapa0809

- 【PR】 -
↓車 輸入車 外車のカテゴリーに参加しています

にほんブログ村 車ブログへ



ブログランキングに参加しています。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sijixyouoyaji.blog18.fc2.com/tb.php/393-979abe3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。